1. 石鹸百科ホーム
  2. 石鹸生活のHOW TO
  3. 洗濯・衣類や服飾雑貨のお手入れ
  4. 洗濯石けんの上手な選び方 2.炭酸塩の配合割合で選ぶ

洗濯石けんの上手な選び方 2.炭酸塩の配合割合で選ぶ

2. 炭酸塩の配合割合で選ぶ 洗濯用石けんには、粉石けん、固形石けん、液体石けん...

2. 炭酸塩の配合割合で選ぶ

洗濯用石けんには、粉石けん、固形石けん、液体石けんがありますが、ここでは洗濯機での洗濯に使われる、粉石けんと液体石けんについて考えます。

粉石けんには、アルカリ助剤として炭酸塩を加えた「添剤入り」と炭酸塩を加えない「無添剤」があります。 洗濯用粉石けんの場合、無添剤では純石けん分94%以上、添剤入りは純石けん分50%以上と規定されています。
液体石けんには、炭酸塩のようなアルカリ助剤が含まれていません。
アルカリ助剤を含まない石けんは毛・絹洗いや手洗いに適しており、アルカリ助剤を含む粉石けんは、洗濯機での日常着の洗濯に適しています。
(炭酸塩とその役割については、アルカリ剤の基礎知識「石鹸助剤として使われるアルカリ剤」を参照してください。)

炭酸塩の配合割合は、商品によって15%~40%ぐらいまでさまざまなので、水質や汚れ具合を考えて、適当な配合割合のものを選ぶことが大切です。
例えば、汚れ方の激しい洗濯物が多い家庭では、炭酸塩の割合の多い粉石けんのほうが汚れが良く落ちますし、あまり衣服が汚れていない場合は、炭酸塩の割合が少なくてもうまく洗濯できます。
また、水の硬度が高くて金属石けん(石けんカス)が出やすい場合は、炭酸塩の割合の多い粉石けんを使うほうが良いのです。
多人数が入浴した後のお風呂の残り湯を洗濯に使うときは、汚れや硬度成分が多く含まれているので、炭酸塩の割合が多いものが適当です。

炭酸塩を別に用意しておき、汚れのひどいものを洗うときや、残り湯の汚れが気になるときに、大さじ1~2杯を加えて使うこともできます。

液体石けんは手軽に使うことができますが、アルカリ助剤を全く含んでいないか、含んでいても量が少ないので、汚れや金属石けんに弱いことに注意しなければなりません。

日常着の洗濯に液体石けんや無添剤粉石けんを使うときには、アルカリ助剤として、適量の炭酸塩かセスキ炭酸ソーダ(手に入らない場合には、酸素系漂白剤で代用できます)を洗濯液に加えて使うようにしましょう。

2000年7月

「洗濯石けんの上手な選び方 2.炭酸塩の配合割合で選ぶ」の関連情報

石鹸助剤として使われるアルカリ剤

炭酸ソーダ(炭酸塩)

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)

石けん百貨取扱い商品

炭酸塩入りの洗濯用石鹸

まるは油脂 ハーブの香りの粉石けん画像

まるは油脂 ハーブの香りの粉石けん別ウィンドウで開きます

ラベンダーとミントのエッセンシャルオイル入り。水温がやや低めでもよく溶ける粉石鹸です。■石けん分:70%

116円〜2,721円(税込)

自然丸の粉石けん画像

自然丸の粉石けん別ウィンドウで開きます

中空粒状で溶けやすく使いやすい粉石けん。■石けん分:60%

1,155円(税込)

アルカリ剤入り粉石鹸別ウィンドウで開きます

炭酸塩が入っていない洗濯用石鹸

Mマーク 洗濯用液体せっけん画像

Mマーク 洗濯用液体せっけん別ウィンドウで開きます

パーム核油・べに花油をを原料に、昔ながらの釜焚き製法で百時間かけて焚き上げた無添加・無香料の液体石けんです。

864円〜1,296円(税込)

アルカリ剤無添加粉石鹸別ウィンドウで開きます

アルカリ剤無添加液体石鹸別ウィンドウで開きます