白靴下のガンコ汚れの洗い方

汗や皮脂、泥汚れなどで真っ黒になった白靴下は、洗濯機で洗っただけではなかなかきれいになりません。洗濯前の一手間と便利グッズを使って上手に対処しましょう。

洗濯用固形石鹸(助剤入り)

ケイ酸塩などのアルカリ剤入り石鹸がおすすめ。

脂やタンパク質汚れにも強く、無添剤の固形石鹸よりも数段汚れ落ちがアップ。汚れた部分を十分に湿らせ、そこに石鹸を直接塗りつけて洗う。

洗濯板

靴下専用なら、洗面台に楽に立てかけられる小さめの製品がお勧め。

靴下の真っ黒汚れに石鹸を付けて洗濯板のギザギザ面で揉むように押しつけたり転がしたりする。力が入れやすく、ギザギザの面が繊維の間に入り込んだ汚れを押し出してくれる。

洗濯ブラシ

汚れた部分をこすったり、上からトントン叩いたりして使う。

汚れを押し出す力は洗濯板の方が強いが、ブラシは小さい分小回りが利くので揃えておくと便利。洗濯ブラシがないときはシュロの束子で代用できる。

ポットのお湯

汚れのひどいところに、ポットのお湯を直接かけて石鹸を塗りつける。

お湯の力で石鹸の洗浄力がアップ。湯の量は靴下に塗った石鹸が泡立つくらいで充分。あまり沢山かけると火傷の恐れがある。

粉石鹸の事前泡立て利用

手洗いする時間も気力もないとき向き。洗濯槽で洗濯用粉石鹸を低水位で攪拌し、溶かし込んでいるときに靴下だけ先に入れておく。

濃い石鹸液が充分にしみ込むうえ、ほかの洗濯物より長時間洗うことになるので、手洗いなしでもそこそこきれいになる。ただ、こればかりだと汚れが溜まってくるので、時々は手洗いするほうがよい。

アルカリで汚れを緩める

セスキ炭酸ソーダ等のアルカリ剤は靴下の真っ黒汚れには殆ど効果がない。しかし、下処理としては役に立つ事がある。

アルカリ洗濯をする時にほかの洗濯物と一緒に浸けこんでおくと、アルカリの力で汚れがある程度緩む。アルカリによって緩んだ汚れは石鹸で手洗いする時に落とし易くなる。

アルカリ浸け置きでの注意点

混紡の靴下をあまり長いあいだ浸けおきすると、再汚染が起きる事がある。再汚染とは、繊維から離れた汚れが再び繊維に戻ってきてしまうこと。

浸け置き時間は、汚れが緩み、且つ再汚染が起きない程度に留める。

石けん百科&百貨・通信【vol.99】2009.03.02より

2000年12月

石けん百貨取扱い商品

靴下の汚れ落としに

暁石鹸 固形石けん ローブ画像

暁石鹸 固形石けん ローブ

食器洗いとお洗濯に絶大な人気を誇る固形石鹸です。食器にはスポンジでよく泡立てて、靴下やエリソデなどの頑固汚れには直接塗りつけて。ケイ酸塩入りで汚れ落ち抜群!

154円(税込)

ねば塾 なるせのせおと画像

ねば塾 なるせのせおと

厳選したパームの一番搾り油で作ったシンプルな無添加石鹸。たっぷりサイズの固形石けんです。

242円(税込)

暁石鹸 粉石けん 暁ローブ 無香料画像

暁石鹸 粉石けん 暁ローブ 無香料

溶けやすく、粉飛びも少なく、洗浄力も抜群。初めての方からベテランの方まで広くお勧めできる粉石鹸です。30℃以上のお湯を使えば洗浄力の高さをより実感できます。■石けん分65%

110円〜4,950円(税込)

洗濯効き目プラス リモネン画像

洗濯効き目プラス リモネン

普段の石鹸/洗剤に追加して洗浄力をアップ! 配合成分リモネンが油汚れの分解を促進し、汚れ落ちを向上させます。香料不使用ですが、リモネンによる柑橘系の香りがあります。

220円〜2,750円(税込)

國田ブラシ 洗濯ブラシ画像

國田ブラシ 洗濯ブラシ

手にしっくり収まる絶妙なサイズ。ワイシャツの襟そで汚れなど、部分洗いの頼もしい味方です。洗濯板とあわせて使えばさらに強力!

1,210円〜1,760円(税込)

洗濯用固形石鹸

洗濯石鹸と衣類ケア