ウール洗いの温度はなぜ30℃?

ウール洗いは、洗いからすすぎまでずっと30℃のぬるま湯を使うのが上手に仕上げるコ...

ウール洗いは、洗いからすすぎまでずっと30℃のぬるま湯を使うのが上手に仕上げるコツと言われます。なぜ冷水でもお湯でもなく、30℃のぬるま湯なのでしょうか。そして、最初から最後まで同じ温度で洗わなければいけないのはなぜでしょう?

最初から最後まで同じ温度で洗うことが大切なわけとは

ウールは羊の体毛です。水につけると人間の毛髪と同じように膨潤して、表面のスケールというウロコ状のもの(キューティクルのようなもの)が開きます。この状態でもんだりこすったりすると、スケールがからみあってフェルト状になり、生地が縮んでしまいます。冷水から温水、温水から冷水と、温度を急に変えることも強い力をかけたのと同じことなので、縮んでしまうのです。このため、最初から最後まで同じ温度で洗うことが大切、というわけです。

冷水や熱いお湯を使ってはいけない理由

ウールを構成するタンパク質は高温にも弱いので、あまり熱いお湯につけると繊維が変質してしまいます。高温ではスケールがいっそう開きやすく、縮みやすくもなるので、熱いお湯で洗うことはできません。

高い温度はいけない、温度変化はいけない。では、最初から最後まで冷たい水で洗ってはどうでしょう?

残念ながらこれも問題があります。まず、石鹸は20度以下の冷水にはよく溶けず、洗浄力も悪くなります。すすぎ性もよくありません。そして皮脂などの汚れは低温になるほど落ちにくく、人間の体温に近い30℃ぐらいから上の温度で落ちるようになります。もんだりこすったりすれば、その摩擦の力で低温でも汚れを落とせますが、ウールにそれはできません。

ですから、できるだけ汚れ落ちのよい温度を整えてやることも大事なのです。ところが温度が高すぎても前述のように問題が起きてしまいます。

このようなわけで、熱くも冷たくもなく、皮脂汚れも落ちやすく、石鹸もよく溶けるという「30℃」がウール洗いに一番適しているというわけです。

2010年5月初出

石けん百貨取扱い商品

ウール洗いにおすすめ

石けん百貨 セスキプラス 無香料画像

石けん百貨 セスキプラス 無香料別ウィンドウで開きます

お洗濯が「酵素」で変わる! 酵素の働きをセスキ炭酸ソーダがしっかり支える、新発想の洗濯用洗剤です。20℃以上のぬるま湯を使い、浸け置きなしで洗えます。

180円〜3,456円(税込)

石けん百貨 セスキプラス 天然ハーブ 檜&ローズマリーの香り画像

石けん百貨 セスキプラス 天然ハーブ 檜&ローズマリーの香り別ウィンドウで開きます

酵素の働きをセスキ炭酸ソーダのアルカリ性がしっかりと支える、新発想の洗濯洗剤セスキプラス。香りは精油のみ。ヒノキとローズマリーをメインに、ユーカリやペパーミント、オレンジ等をブレンド。スッキリ透明感のある香り。

200円〜3,564円(税込)

石けん百貨 液体せっけん画像

石けん百貨 液体せっけん別ウィンドウで開きます

全身に使える液体石鹸です。シャンプー・ボディソープ・ハンドソープなどボディ用全般にどうぞ。しっかりとした洗浄力があるので、皿洗い・掃除・洗濯にも。無香料。

1,026円(税込)

ハイネリー 毛布洗い画像

ハイネリー 毛布洗い別ウィンドウで開きます

グリセリンたっぷりのウール用石けんです。アルカリウォッシュを併用すると汚れ落ちがアップします。

734円〜1,101円(税込)

【量り売り】石けん百貨 セスキ炭酸ソーダ画像

【量り売り】石けん百貨 セスキ炭酸ソーダ別ウィンドウで開きます

軽い汚れの洗濯・浸け置き洗濯・住まいの掃除・食器洗いなど、マルチに活躍する定番のアルカリ剤です。水で溶いて「セスキスプレー」を作れば、台所のベタベタ汚れも楽に落とせます。

162円〜2,983円(税込)

石けん百貨 アルカリ洗浄剤画像

石けん百貨 アルカリ洗浄剤別ウィンドウで開きます

セスキ炭酸ソーダの進化版。炭酸ソーダを程よく配合して洗浄力をアップ! セスキの使いやすさそのままに、使用量は1/2になりました。台所のベタベタ油汚れなどに効果抜群。無香料。

453円〜600円(税込)

セスキプラス別ウィンドウで開きます

洗濯用液体石鹸別ウィンドウで開きます

セスキ炭酸ソーダ・炭酸塩別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動