ウール洗いの温度はなぜ30℃?

ウール洗いは、洗いから濯ぎまで30℃の水温を保つのが上手に仕上げるコツです。

何故、冷水でや熱いお湯ではない「30℃のぬるま湯」なのでしょうか。何故、最初から最後まで同じ温度を保つべきなのでしょうか。

30℃を「保つ」べき理由

ウールは羊の体毛です。水につけると人間の毛髪と同じように膨潤して、表面のスケールというウロコ状の物(キューティクルような物)が開きます。

スケールが開いた状態のウールを揉んだり擦ったりすると、スケールが絡み合います。結果、フェルト化が起きて生地が縮んでしまいます。

冷水から温水、温水から冷水と、温度を急に変える事も強い力をかけたのと同じ事になり、ウールは縮みます。このため、最初から最後まで同じ温度で洗うことが大切、という訳です。

冷水や熱いお湯を使ってはいけない理由

熱いお湯だと縮む

ウールを構成するタンパク質は高温に弱く、熱いお湯につけると繊維が変質します。高温ではスケールが一層開き易く、縮み易くもなります。その為、熱いお湯で洗うことはできません。

冷水だと汚れが落ちない

石鹸は20度以下の冷水にはよく溶けず、洗浄力が悪くなります。すすぎ性もよくありません。

そもそも、汚れという物は低温になる程落としにくくなります。

特に皮脂汚れは低温になるほど落ちにくく、人間の体温に近い30℃程度以上で落とし易くなります。

綿や麻など丈夫な繊維であれば、低温を補う為に揉んだり擦ったりしてある程度の汚れは落とせます。しかしウールにそれができません。

冷たくも無く、熱くも無い30℃が適温

できるだけ汚れ落ちのよい温かさで、しかも熱すぎない。石鹸もよく溶ける。これらが、ウール洗いに30℃のぬるま湯が適している理由です。

石鹸以外で洗う時も

石鹸で洗うほどでは無い軽い汚れはセスキプラスナチュウォッシュ等で洗う事も可能です。

この時も、30℃のぬるま湯が適している事に変わりはありません。

2020年2月改訂(2010年5月初出)

石けん百貨取扱い商品

ウール洗いにおすすめ

石けん百貨 液体せっけん画像

石けん百貨 液体せっけん

全身に使える液体石鹸です。シャンプー・ボディソープ・ハンドソープなどボディ用全般にどうぞ。しっかりとした洗浄力があるので、皿洗い・掃除・洗濯にも。無香料。

1,200円(税込)

ハイネリー 毛布洗い画像

ハイネリー 毛布洗い

グリセリンたっぷりのウール用石けんです。アルカリウォッシュを併用すると汚れ落ちがアップします。

1,375円〜1,980円(税込)

石けん百貨 ナチュウォッシュ・リキッド ラベンダーレモンの香り画像

石けん百貨 ナチュウォッシュ・リキッド ラベンダーレモンの香り

忙しくても、エコに洗えて、ちゃんと汚れが落ちる、液体洗濯洗剤です。主役のアルカリ剤に少量の界面活性剤を助剤として添加し、洗浄力を高めました。有機酸による黒カビ防止効果も。

1,023円〜4,092円(税込)

ナチュウォッシュ 無香料画像

ナチュウォッシュ 無香料

溶かし込みや浸け置きは不要。忙しい人も手軽にナチュクリできる、エコな洗濯洗剤です。4種の洗濯用酵素とアルカリに少量の界面活性剤を助剤として添加し、洗浄力を強めました。

293円〜3,630円(税込)

セスキプラス 無香料画像

セスキプラス 無香料

お洗濯が「酵素」で変わる! 酵素の働きをセスキ炭酸ソーダがしっかり支える、新発想の洗濯用洗剤です。20℃以上のぬるま湯を使い、浸け置きなしで洗えます。界面活性剤は不使用。

181円〜4,005円(税込)

セスキプラス 檜&ローズマリーの香り画像

セスキプラス 檜&ローズマリーの香り

酵素の力をセスキ炭酸ソーダが支える、新発想の洗濯洗剤です。20℃以上のぬるま湯を使い、浸け置きなしで洗えます。界面活性剤は不使用。香りには精油だけを使用。

193円〜4,809円(税込)

セスキ炭酸ソーダ画像

セスキ炭酸ソーダ

軽い汚れの洗濯・浸け置き洗濯・住まいの掃除・食器洗いなど、マルチに活躍する定番のアルカリ剤です。水で溶いて「セスキスプレー」を作れば、台所のベタベタ汚れも楽に落とせます。

439円〜3,300円(税込)

石けん百貨 アルカリ洗浄剤画像

石けん百貨 アルカリ洗浄剤

セスキ炭酸ソーダの進化版。炭酸ソーダを程よく配合して洗浄力をアップ! セスキの使いやすさそのままに、使用量は1/2になりました。台所のベタベタ油汚れなどに効果抜群。無香料。

517円(税込)

洗濯用液体石鹸

ナチュウォッシュ

セスキプラス