洋服ブラシの使い方

水洗いしにくい衣類のお手入れに

水洗いできないスーツやコートのお手入れといえば、ドライクリーニングが一般的。

ただ、ドライクリーニングは汚れを落とすのと引き替えに、繊維の風合いを損ねることがあります。

また、クリーニングの溶剤に溶け出した他の衣類の汚れを引き受けてしまい、クリーニング前よりも衣類の色柄がくすんでしまうトラブル例もあります。

ブラッシングでクリーニング回数を減らす

クリーニング回数をできるだけ減らすには、洋服ブラシでのお手入れが効果的です。

汚れ落としの他にも効果が

洋服ブラシは服についた汚れを払うだけでなく、着用中に乱れた繊維の流れを整えて光沢を出し、繊維に空気を通すことで布地をふっくらとさせ、服の型くずれを防ぐ効果があります。

ニット製品にもオススメ

織物だけでなく、セーターなどのニット類にもブラッシングはお勧め。軽くブラシをかけると絡まりかけた繊維がほぐされて毛玉防止になります。

自宅での簡易クリーニングも

洋服ブラシでのブラッシングと、アンモニア水を使った自宅での簡易クリーニングを組み合わせれば、クリーニング店に出すのは数年に一度でも大丈夫。大切な一着がより一層長持ちします。

洋服ブラシの掛け方

  1. 服をきちんとした作りのハンガーにかける。
  2. 繊維の流れに逆らうように軽くブラッシングし、ホコリや汚れなどを浮かす。
  3. 繊維の流れに沿ってブラシをかけ、生地の表面に浮いてきた汚れを払う。

ブラッシングのコツ

服をブラッシングするときは、洋服ブラシの持ち手を軽く握り、手首のスナップを利かせて生地のホコリをパッと軽く払い飛ばすようにしましょう。

これはNG!

ブラシを服に押しつけてザーッとこするように使ってはいけません。余計な摩擦を与えると生地が傷むうえ、ホコリや汚れが生地の奥に入り込んで余計に取れにくくなります。

お勧めは「天然毛」

これから洋服ブラシを買うのであれば、天然毛のブラシがお勧めです。

天然毛のブラシはナイロン等の合成繊維のブラシよりも静電気が起こりにくい特性があります。そのため布地を傷めにくく、埃をきれいに払うことができます。

衣類の素材による使い分け

  • スーツやジャケット類等しっかりした生地の衣類:張りのある「豚毛」の洋服ブラシが適している。
  • カシミアやシルクなどのデリケート衣類やニット類、和服等:当たりの柔らかい「馬毛」の洋服ブラシが適している。

洋服ブラシで花粉症対策

花粉症対策の第一は、家の中にできる限り花粉を持ち込まない事。

玄関に大きめの洋服ブラシを常備しておきましょう。帰宅したら服にブラシをかけ、花粉を払ってから部屋に入ります。

  1. 服を着たままブラッシング。肩のあたりを重点的に、前身頃と袖を払う。
  2. 上着、羽織り物を脱ぐ。
  3. 脱いだ衣類を手に持ち、後身頃も丁寧にブラッシングする。
2020年1月改訂(2011年3月初出)