1. 石鹸百科ホーム
  2. 石鹸生活のHOW TO
  3. 洗濯・衣類や服飾雑貨のお手入れ
  4. 冷水で粉石けんを使ってはダメ?それはなぜですか?

冷水で粉石けんを使ってはダメ?それはなぜですか?

石けんの原料油脂には、動植物油脂が使われます。 牛脂やパーム油の石けんに含まれる...

石けんの原料油脂には、動植物油脂が使われます。

牛脂やパーム油の石けんに含まれる脂肪酸のうち、半分近くはステアリン酸、パルミチン酸で占められていますが、これらの脂肪酸で作られた石けんは、高温でなければ溶けません。そのため、冷水で使うと、高温にならなければ溶けない成分が無駄になってしまいます。

また、パーム油は植物油脂なので、パーム油の石けんは動物油脂の石けんより冷水に溶けやすいと誤解されやすいのですが、脂肪酸組成から見ると動物油脂に近く、冷水には溶けにくく高温で洗浄力を発揮します。(→主な油脂の脂肪酸組成

これらの石けんは50~60℃の温度で使用すれば、抜群の洗浄力を発揮します。ひどい汚れを高温で洗う場合や煮洗いに最適の石けんといえます。逆に冷水で使った場合、使用した石けんの半分近くの成分が活かされないことになります。これは、石けんの使いすぎにもつながり、おすすめできません。(→達人洗濯講座・石けんを使いこなすために

皮脂の汚れとは、人肌程度の温度がないと落ちにくいものです。たとえ米ぬかや廃食油、ヤシ油などの低温でも溶けやすい石けんであっても、20℃以下の水温では溶けにくく、汚れ落ちもあまり良くありません。夏場は水道水でも20℃以上あるので使いやすいですが、冬場の水道水ではよく溶けないので、お風呂の残り湯を使うなど水温に注意して使いましょう。(→洗い・すすぎは水温に気をつけて

「冷水で粉石けんを使ってはダメ?それはなぜですか?」の関連情報

主な油脂の脂肪酸組成

石けんを使いこなすために

洗い・すすぎは水温に気をつけて

お風呂の残り湯で洗濯

石けん百貨取扱い商品

米ぬか・廃食油などが原料の粉石鹸(毎日のお洗濯向き)

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 ウッディフローラルの香り画像

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 ウッディフローラルの香り別ウィンドウで開きます

石けん百貨オリジナルブランドの洗濯用粉石鹸です。水温がやや低めでも溶けやすく、耐硬水性もよいので普段の洗濯にぴったりです。爽やかで甘い香り付き。

1,566円(税込)

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 サクラフローラルの香り画像

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 サクラフローラルの香り別ウィンドウで開きます

石けん百貨オリジナルブランドの洗濯用粉石鹸です。水温がやや低めでも溶けやすく、耐硬水性もよいので普段の洗濯にぴったりです。チェリーと呼びたいような甘酸っぱい香り。

1,566円(税込)

ペカルト 洗濯用粉石けん画像

ペカルト 洗濯用粉石けん別ウィンドウで開きます

天ぷら廃油を有効利用。比較的低温でもよく溶けます。■石けん分:70%

216円〜648円(税込)

地の塩社 クリーン粉石けん 無香料画像

地の塩社 クリーン粉石けん 無香料別ウィンドウで開きます

低温でも溶けやすい植物油脂中心の廃油石けん。無香料。■石けん分:70%

756円(税込)

アルカリ剤入り粉石鹸別ウィンドウで開きます

廃油石鹸・リサイクル粉石鹸別ウィンドウで開きます

パーム油が主原料の粉石鹸(高温洗濯向き)

ねば塾 しらかば粉石けん999画像

ねば塾 しらかば粉石けん999別ウィンドウで開きます

パーム油原料の石けん素地100%。ねば塾の無添加粉石鹸です。通常のお洗濯にはアルカリ剤をプラスしてください。高温タイプ。■石けん分100%

1,080円(税込)

ねば塾 いいとこどり・しらかば2000快画像

ねば塾 いいとこどり・しらかば2000快別ウィンドウで開きます

ねば塾が作った、パーム油100%の高温洗濯向き粉石鹸。炭酸塩は15%と少なめです。粉飛びしやすいので注意。■石けん分85%

1,026円(税込)

高温タイプの粉石鹸別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動