お湯で洗うと汚れが良く落ちる理由

洗濯にお湯を使うと汚れが良く落ちるのは、お湯の持つ熱エネルギーが汚れ落としに有利に働く事が多い為です。

例外もありますが、大体40℃程度までは温度が上がるほど洗浄効果は高まります。それ以上の高温では欠点が利点を上回ることもあります

以下に、お湯で洗う事による利点を挙げます。

水の粘度が下がる

温度が上がると水の粘り気が減り、サラサラになる。そのため、細かな繊維の隙間や、生地の織り目に洗浄液がより入り込み易くなる。

洗剤が良く効くようになる

洗剤がよく溶ける

冷水では充分に溶けない洗剤(例:脂肪酸石鹸など)がよく溶けて洗浄力を発揮できるようになる。

界面活性剤の働きが速くなる

石鹸や合成界面活性剤が水に拡散するのが速くなり、汚れに早く到達できる。結果、より素早く汚れを落とせるようになる。

洗剤の配合成分が効率良く働く

高温(40℃以上)で特に洗浄力を発揮する成分が活発に働くようになる。(ステアリン酸やパルミチン酸からできた石鹸等)

酵素は20~60℃、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)は40~50℃の温度帯で最も効率的に働く。

蛍光増白剤は、温度を上げるほど繊維に付着する量が増える為、蛍光増白効果が上がる。

※石けん百貨は蛍光増白剤の使用には否定的な立場です。お湯を使うと洗剤成分が効果的に働く一例としてこの解説を行っています。

汚れそのものが落ち易い状態になる

水溶性の汚れ

水温が上がると汚れが洗濯液へ溶け出し易くなり、薄まり易くなる。

油溶性の汚れ

油汚れ(液体・固形)

液状油(植物油など)は、温めると粘度が下がり、よりサラサラになる。固形油(ラード、牛脂など)も、常温では固形だが、温度が上がると軟らかくなったり液状化したりする。

固形を保っている/粘り気がきつい油より、軟化しサラサラになった油の方が界面活性剤やその他の作用によって取り除かれ易くなる。

皮脂汚れ

混合皮脂汚れの融点(※)は35~37℃とされる。30℃ではペースト状だが、40℃では液体となり取り除き易くなる。

(※)融点:固体が液体になり始める温度。

参考文献:『新版 被服整理学 その実践』(光生社)

2021年6月初出

石けん百貨取扱い商品

洗濯用洗剤

ナチュウォッシュ ラベンダーレモンの香り画像

ナチュウォッシュ ラベンダーレモンの香り

溶かし込みや浸け置きは不要。忙しい人も手軽にナチュクリできる、エコな洗濯洗剤です。4種の洗濯用酵素とアルカリに少量の界面活性剤を助剤として添加し、洗浄力を強めました。

293円〜3,630円(税込)

石けん百貨 ナチュウォッシュ・リキッド 無香料画像

石けん百貨 ナチュウォッシュ・リキッド 無香料

忙しくても、エコに洗えて、ちゃんと汚れが落ちる、液体洗濯洗剤です。主役のアルカリ剤に少量の界面活性剤を助剤として添加し、洗浄力を高めました。有機酸による黒カビ防止効果も。

1,023円〜4,092円(税込)

セスキプラス 檜&ローズマリーの香り画像

セスキプラス 檜&ローズマリーの香り

酵素の力をセスキ炭酸ソーダが支える、新発想の洗濯洗剤です。20℃以上のぬるま湯を使い、浸け置きなしで洗えます。界面活性剤は不使用。香りには精油だけを使用。

193円〜4,809円(税込)

セスキプラス 無香料画像

セスキプラス 無香料

お洗濯が「酵素」で変わる! 酵素の働きをセスキ炭酸ソーダがしっかり支える、新発想の洗濯用洗剤です。20℃以上のぬるま湯を使い、浸け置きなしで洗えます。界面活性剤は不使用。

181円〜4,005円(税込)

業務用液体石けん画像

業務用液体石けん

石けん百貨オリジナルの台所用液体石鹸です。食器洗いのほか、掃除・洗濯などの家事全般にどうぞ。大容量4リットル入り。純石けん分30%の高濃度タイプ。無香料。

66円〜3,630円(税込)

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)画像

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)

40℃以上のお湯を使い、食器や布巾、衣類の漂白に。また、食洗機洗剤・パイプクリーナー・洗濯槽クリーナー・洗濯洗剤としても使えます。塩素系ような嫌なニオイがありません。

451円〜3,190円(税込)

洗濯効き目プラス リモネン画像

洗濯効き目プラス リモネン

普段の石鹸/洗剤に追加して洗浄力をアップ! 配合成分リモネンが油汚れの分解を促進し、汚れ落ちを向上させます。香料不使用ですが、リモネンによる柑橘系の香りがあります。

220円〜2,750円(税込)

ナチュウォッシュ

セスキプラス

アルカリ剤入り粉石鹸