洗濯槽の黒カビの原因は? 予防方法は?

洗濯槽に黒カビが生え易い=黒カビにとって快適な生育条件が揃っている、です。

それらの好条件をなくしてやれば、黒カビを減らすことができます。

黒カビが洗濯槽を好む理由

エサがある

カビは生き物なので、生きてゆくためにエサが必要です。以下のような物はすべて黒カビのエサになります。

  • 洗濯時に溶け残った石鹸や洗剤
  • 酸性石鹸(石鹸カスの一種。汚れに対して石鹸や洗剤が極端に不足したときにできるネトネトした物質)
  • 金属石鹸(石鹸カスの一種。石鹸と水中のミネラル分が反応してできる粉末状の物質)
  • 服に付いていた食べ残しなど

適度な水分がある

カビは相対湿度75~100%でよく増えます。洗濯後に洗濯槽に残る程度の水気は、カビの繁殖にとても都合がよいのです。

洗濯機のフタを閉めたままにする、汚れ物を洗濯槽に溜めておく等も洗濯槽を湿気させる一因です。

繁殖に適した温度がある

カビが繁殖しやすい温度は20~30℃。外気温がこの温度帯になりやすい春~秋が最も要注意です。

しかし、冬でも油断はできません。気温5℃以下でも成長する菌類もいます。

家の気密性が良くなり、昔より洗濯機置き場の気温が上がっていることもカビの繁殖に好都合です。

洗濯機の構造が繁殖に適している

洗濯機の構造自体が黒カビの繁殖に適しています。

洗濯槽は二重構造になっていることが殆ど。その二重のすき間に湿気や栄養分が溜まりやすく、また風通しも悪いのでカビが繁殖しやいのです。

黒カビ予防のためにできること

エサをなくす

水分をなくす

カビは、相対湿度65%程度より繁殖スピードが落ち始め、55%になるとほとんど増えなくなります。

洗濯が終わったら、洗濯機のフタを開けて湿気がこもらないようにしましょう。

乾燥機能を定期的に使うのも効果的でしょう。熱を使わない簡易乾燥機能でもカビ防止に効果があります。

繁殖しやすい温度にしない

洗濯槽内の温度が上がる乾燥機能の活用が効果的です。カビは37度以上だとあまり成長できず、それ以上だと死んでしまうものも多いとされます。

洗濯槽内が高温になると湿気が飛ぶので、その点でも効果的です。

洗濯槽の掃除を定期的に行う

大前提として、洗濯槽からカビを恒久的に駆逐する事はできません。

カビの繁殖しやすい温度帯は人間が過ごしやすい温度帯でもあり、また、カビの好む「水気」を洗濯機から切り離すこともできない為です。

よって、定期的な洗濯槽掃除は必須となります。

ただ、普段からカビを生やさないよう気をつければ掃除の回数を減らす事はできます。また、掃除しても目立った汚れが出なくなってきます。

洗濯槽の掃除には、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)が使えます。具体的な掃除方法については以下をご覧下さい。

2020年6月改訂

石けん百貨取扱い商品

洗濯槽の掃除

洗濯槽クリーナー

酸素系漂白剤