お風呂の残り湯で洗濯

2010年にライオン株式会社が行ったアンケートにおいて、残り湯を洗濯に利用する人...

2010年にライオン株式会社が行ったアンケートにおいて、残り湯を洗濯に利用する人は東京では72%という結果が出ました。お風呂の残り湯を洗濯に使うと汚れがよく落ち、水資源の有効利用にもなります。残り湯を洗濯に使うときのメリットや注意点などをここで考えてみましょう。

洗浄力が上がる

皮脂などの脂汚れは水温が高いほうがよく落ちますが、残り湯は蛇口から出したての水より温度が高いことが多く、皮脂汚れ落としに適しています。

皮脂よごれの融点は48℃にまで広がっているが,その90%は37℃で溶解して液体となる。
(参考文献『洗剤・洗浄の事典』奥山晴彦・皆川基 編 朝倉書店)

洗濯するときまで水温をできるだけ高いまま保てるよう、浴槽にはフタをしておきましょう。

石鹸がよく溶ける

石鹸を充分に溶かして効率よくはたらかせるには、最低でも20℃程度の水温が必要です。夏場は蛇口から出したての水でも20℃を越えていることが多いのですが、冬はそうでない地域の方が多いでしょう。

東京都を例に取ると、11月~5月は水温平均が20℃を下回っています(2010年度)。お風呂の残り湯はこのような時期でも20℃以上あることが多いので石鹸がうまく溶け、効率的に汚れを落とすことができます。

東京都水道局 水道水の水温

高温洗濯が楽にできる

入浴し終えてすぐの40℃以上ある残り湯はそのまま高温洗濯に使えます。高温洗濯というのは、40℃以上のお湯で洗濯をすること。低温で洗ったときと比べて汚れ落ちがグンとアップします。

高温洗濯をするときは、洗浄力が高い牛脂や豚脂(ラード)、パーム油主体の「高温洗濯用石鹸」を使うとさらにきれいになります。高温洗濯用石鹸にはパルミチン酸やステアリン酸といった脂肪酸が多く含まれますが、これらは40℃以上の水温があると完全に溶けて抜群の洗浄力を発揮するためです。

過炭酸ナトリウム洗濯が楽にできる

活性酸素の力を生かして汚れを落とすアルカリ洗濯の一種「過炭酸ナトリウム洗濯」。ここでも入浴後すぐの、温度が下がっていない残り湯が威力を発揮。

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の漂白成分である過酸化水素を効率よく発生させるには40℃以上のお湯が必要です。入浴後すぐの残り湯を使えば、新たに給湯器などでお湯を沸かすよりもずっと省エネルギーになります。

節水効果

浴槽の大きさにもよりますが、洗い1回分、すすぎ1~2回分の水道水を使わなくて済みます。水資源の有効利用になって下水処理場への負荷が減るだけでなく、水道代の節約にもなります。

残り湯は不潔?

残り湯は雑菌が増えているので不潔という話もあります。異臭がしたり、変色したりしている残り湯は確かに洗濯向きではありません。ですが、一見きれいで目立った臭いもないならそれほど気にしなくても大丈夫。ただし、最後のすすぎだけは蛇口からの水道水を使うのがおすすめです。

残り湯で洗うと黄ばむ? 部屋干し臭が出る?

白い衣類が黄ばむのは、皮脂の酸化が大きな原因のひとつです。水温が高い残り湯は皮脂汚れを落とすのに適しているので、黄ばみ防止になりえます。衣替えなどで長期間しまい込む衣類も、しっかり皮脂を落としておくと次に出したときに黄ばみや臭いが抑えられます。

いわゆる「部屋干し臭」は、衣類に残っている皮脂汚れなどが変質したり、それをエサにして雑菌が繁殖したりして出てきます。よって、衣類の汚れがきっちり落ちていればそれほど臭くなりません。冷たい水よりも汚れをよく落とせる残り湯洗濯は、むしろ部屋干し臭対策になります。

入浴剤入りの残り湯

セスキ炭酸ソーダや炭酸ソーダ、重曹などシンプルなアルカリ剤が混ざっているだけの残り湯は洗濯に問題なく使えます。通常の水道水よりアルカリ性が強くなっているので、むしろ洗濯向きです。

色つきの入浴剤を入れた残り湯はアルカリ洗濯には使わないほうがよいでしょう。長時間の浸けおきのあいだに衣類が染まってしまうかもしれません。

岩塩などミネラル分が多い入浴剤を入れた残り湯を使った場合は、石鹸の泡立ちがいつもより弱くなるかもしれません。カルシウムやマグネシウムなどミネラル分は、石鹸と結合して洗浄力を持たない金属石鹸に変えてしまうためです。このような残り湯を使うときは石鹸の泡立ちに注意し、足りないようなら液体石鹸を足して洗浄力を保ちましょう。アルカリ洗濯の場合はミネラル分を気にする必要はないのでそのまま使っても問題ありません。

入浴剤パッケージに「残り湯は洗濯に使えません」と明記されているときは、それに従う方が無難です。どうしても洗濯に使ってみたいときは洗濯中や洗い上がりの様子をよく観察し、問題が出るようならその入浴剤入りの残り湯利用は止めましょう。

残り湯を気持ちよく、効率的に使うために

湯船の湯を汚さないよう気をつけましょう。湯船に浸かる前には掛かり湯を充分にし、できれば体を洗ってから入りましょう。湯船にタオルを浸けない、ゴミや髪の毛が浮いていたら取り除くなども残り湯をきれいに保つために有効です。

風呂に入り終えたら炭酸ソーダを大さじ1杯くらい入れるとpHが上がって雑菌の繁殖スピードを遅くすることができます。ラベンダーやティートリーなどの殺菌効果のある精油をお湯に落とすと香りもよくなります。

湯船や風呂釜掃除はきちんと行いましょう。給水ポンプも定期的にお手入れをします。ポンプ吸い込み口のヌメリなどはブラシや束子でよくこすり、内蔵フィルターも定期的に取りだして水洗いします。

洗濯以外の活用法

  1. ひとつ穴式の風呂釜掃除に
  2. 床の拭き掃除や、家の外回り掃除に
  3. 夏の打ち水に
  4. 植物への水やりに
    ※入浴剤入りの残り湯は水やりにはおすすめしません。入浴剤にはナトリウム(Na)や塩素(Cl)が含まれていることが多く、脱水作用によって植物を傷める可能性があります。

2012年3月初出

石けん百貨取扱い商品

高温洗濯用粉石鹸

ねば塾 しらかば粉石けん999画像

ねば塾 しらかば粉石けん999別ウィンドウで開きます

パーム油原料の石けん素地100%。ねば塾の無添加粉石鹸です。通常のお洗濯にはアルカリ剤をプラスしてください。高温タイプ。■石けん分100%

1,080円(税込)

ねば塾 いいとこどり・しらかば2000快画像

ねば塾 いいとこどり・しらかば2000快別ウィンドウで開きます

ねば塾が作った、パーム油100%の高温洗濯向き粉石鹸。炭酸塩は15%と少なめです。粉飛びしやすいので注意。■石けん分85%

1,026円(税込)

高温タイプの粉石鹸別ウィンドウで開きます

過炭酸ナトリウム洗濯に

【量り売り】石けん百貨 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)画像

【量り売り】石けん百貨 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)別ウィンドウで開きます

さまざまなご要望にお応えできる「量り売り」の過炭酸ナトリウムです。オリジナルブランドとして仕入れ・小分けを行い、パッケージも簡素化。きめ細かな容量展開とコストダウンが可能になりました。

162円〜3,132円(税込)

暁石鹸 酸素系漂白剤画像

暁石鹸 酸素系漂白剤別ウィンドウで開きます

過炭酸ナトリウム100%。イヤな臭いがありません。衣類や台所用品の漂白、除菌、除臭に。漂白には40度以上の湯を使い、20分以上漬け込んでください。洗濯槽の掃除にもどうぞ。

356円〜1,620円(税込)

ハイネリー サンソホワイト画像

ハイネリー サンソホワイト別ウィンドウで開きます

ハイネリー社の酸素系漂白剤です。過炭酸ナトリウム100%。ツンとくるイヤな臭いがありません。衣類や食器などの漂白・除菌・消臭にどうぞ。洗濯槽のお掃除にも。

994円(税込)

エスケー石鹸 すっきり酸素系漂白剤(高発泡タイプ)画像

エスケー石鹸 すっきり酸素系漂白剤(高発泡タイプ)別ウィンドウで開きます

過炭酸ナトリウム100%。衣類や食器の漂白・除菌・消臭には、40度以上のお湯で20分以上浸してください。洗濯槽のお掃除にもどうぞ。スタンドパック入り。

367円(税込)

ペカルト ワイドクリン画像

ペカルト ワイドクリン別ウィンドウで開きます

ペカルトの酸素系漂白剤です。過炭酸ナトリウムに炭酸塩をプラスし、漂白作用が一層パワーアップしました。衣類や食器の漂白・除菌・ニオイ取り、洗濯槽のお掃除などにどうぞ。ハンディなボトル入り。

540円(税込)

石鹸百科 かんたん洗濯ソーダ画像

石鹸百科 かんたん洗濯ソーダ別ウィンドウで開きます

過炭酸ナトリウムに少量の炭酸塩を加えて洗浄力UP! 活性酸素パワーとアルカリの乳化力で、衣類をスッキリと洗い上げます。40度程度のお湯を使い、浸け置きは20分程度でOK。

378円(税込)

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動