うまく泡が立たない

泡立て洗濯は、しっかり泡が立っていることが大切ですね。泡を立てるポイントを挙げて...

泡立て洗濯は、しっかり泡が立っていることが大切ですね。泡を立てるポイントを挙げてみましょう。

適切な水温が必要

粉石鹸を使うときは20℃以上の水温が必要です。夏場の水道水は20℃を超えることも多く、その場合はそのまま使えます。

寒冷地、あるいは厳寒期には水道水にお湯を足したり、お風呂の残り湯を利用したりするとよいでしょう。

パーム油や牛脂が主体の粉石鹸をよく溶かすには40℃の水温が必要です。お風呂に入った直後のお湯を利用するとエネルギーの節約になります。

強い攪拌力が必要

最近の全自動洗濯機では、衣類を傷めないように弱水流が多くなっています。洗濯機によっては、ゴシゴシモードや、汚れひどいモードなどの強い水流で攪拌します。洗濯する際も、ある程度強い水流で洗わないと泡が消えてしまう場合があります。

汚れ具合に見合った石鹸量が必要

洗濯機の水量は取り扱い説明書や、フタの裏などに記載されています。洗濯機の水量に合わせた石鹸の量を使います。

水量に必要な石鹸量を計算しても、それより多くの石鹸を使わないと泡立たないこともあります。標準使用量は参考にして、実際に泡立つ状態を目安に石鹸量を増減する必要があります。

汚れのひどい衣類では、更にたくさんの石鹸が必要になってきます。泡立たない状態での洗濯が続いている場合、以前の洗濯で石鹸由来の残留物などがたくさん残り、その汚れと石鹸が反応してしまい泡が消えてしまうことがあります。

最初の石鹸量を多目にしたり、泡の様子を見ながら液体石鹸を追加するなどして、泡が立つ状態を保つようにしましょう。

アルカリ剤の併用

液体石鹸や無添加石鹸のみを利用している場合、石鹸と汚れの反応で洗浄力を失いやすくなります。炭酸塩やセスキ炭酸ソーダの併用をおすすめします。

お風呂の残り湯がひどく汚れている場合も、小さじ1杯くらいの炭酸塩を追加しておくことは有効です。

洗濯物の量が多すぎる

洗濯物の量が多すぎても泡が消えやすくなります。記載重量の7~8割が目安です。洗濯機の中で軽く回っている状態で洗いましょう。

これらの条件を満たして、3~5分しっかり攪拌したらうまく泡が立つようになります。最初はブクブクと泡が立ってきます。更に続けて攪拌するとクリーミーな泡になり、泡持ちもよくなります。

2017年3月改訂

石けん百貨取扱い商品

洗濯用粉石鹸

洗濯石鹸 いろいろお試しセット画像

洗濯石鹸 いろいろお試しセット別ウィンドウで開きます

洗濯用の粉石鹸と液体石鹸のお試しサイズを、一度に試せる便利なセットにしました。石鹸洗濯の初心者さんは、まずはここから試してみては? 単独で買うよりもちょっぴりお得です!

504円(税込)

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 ローズの香り画像

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 ローズの香り別ウィンドウで開きます

水温がやや低めでも溶けやすく、耐硬水性もよいのが特徴。汗や皮脂から食べこぼしまで、普段の洗濯にちょうど良い洗濯用粉石鹸です。ほんのりとしたローズの香り付き。

1,566円(税込)

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 サクラフローラルの香り画像

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 サクラフローラルの香り別ウィンドウで開きます

石けん百貨オリジナルブランドの洗濯用粉石鹸です。水温がやや低めでも溶けやすく、耐硬水性もよいので普段の洗濯にぴったりです。チェリーと呼びたいような甘酸っぱい香り。

1,566円(税込)

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 無香料画像

石けん百貨 洗濯用粉石鹸 無香料別ウィンドウで開きます

水温がやや低めでも溶けやすく、耐硬水性もよいのが特徴。汗や皮脂から食べこぼしまで、普段の洗濯にちょうど良い洗濯用粉石鹸です。シンプルな無香料タイプ。

1,566円(税込)

まるは油脂 ハーブの香りの粉石けん画像

まるは油脂 ハーブの香りの粉石けん別ウィンドウで開きます

ラベンダーとミントのエッセンシャルオイル入り。水温がやや低めでもよく溶ける粉石鹸です。■石けん分:70%

129円〜3,024円(税込)

暁石鹸 粉石けん 暁ローブ 無香料画像

暁石鹸 粉石けん 暁ローブ 無香料別ウィンドウで開きます

溶けやすく、粉飛びも少なく、洗浄力も優秀。初めての方からベテランの方まで広くお勧めできる粉石鹸です。30℃以上のお湯を使えば洗浄力の高さをより実感できます。■石けん分65%

108円〜3,780円(税込)

洗濯用粉石鹸別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動