着物の虫干し

着物の虫干しは風通しの良い屋内で 絹の着物に湿気は大敵。湿気はカビを呼ぶからです...

着物の虫干しは風通しの良い屋内で

絹の着物に湿気は大敵。湿気はカビを呼ぶからです。特に、しまいっぱなしのことが多い礼装類は湿気が溜まりやすいので気をつける必要があります。

干す時期

着物の湿気を払うには定期的にタンスから出して干すとよいでしょう。干す時期は、梅雨明け(土用干し)や秋の晴天時(虫干し)、空気がカラカラに乾く1~2月(寒干し)などが適しているとされます。一年に何度も干せないなら、梅雨のなごりや秋雨の心配をしないですむ寒干しがおすすめです。

虫干しには、しばらく晴天が続いて乾燥注意報が出るような日が適しています。長期間干す必要はなく、屋内で半日くらい干せば十分。特に袷(あわせ)の着物は何日も吊しっぱなしにすると裾が垂れたり袋のようになったりするので要注意です。

干し方

干している部屋は、風の通りを良くするため窓か戸を2箇所以上開けましょう。色あせの原因になるので直射日光には当てないようにします。夕方は空気が湿ってくるので午後3時ごろには片付けましょう。

掛けておく道具は衣桁(いこう)と呼ばれるついたてのようなものがベストです。たとう紙から出した着物を、シワにならないよう気をつけながらふわりと掛けて干します。いわゆる「誰が袖(たがそで)文様」のように掛けておくと袖がぶらぶらせず、袖の付け根も傷みにくくなります。衣桁がなければ細い物干し竿やロープを部屋の上の方に渡してそこに掛けたり、シンプルな形の室内干しスタンドを利用することもできます。

カビの処置

虫干しの際にカビを見つけたら、たとう紙に包んだままほかの着物から離し、すぐに専門店に任せます。カビの生えた着物はできるだけそっと扱ってください。派手に動かすとカビの胞子が飛びちり、ほかの着物に付いてしまうかもしれないからです。

お店に出す前に自分で「応急処置」などもしないでください。素人が絹の着物に水や洗剤を使うとかえって汚れが強く染みつくことがあり、そうなってからでは元通りにするのが非常に難しくなります。

カビ予防の楽しい方法

ところで。一番のカビ防止策は、実は「着る」ことです。着ることで着物に風が通り、溜まった湿気が払えるので虫干しは不要。脱いだ後は、特に汚れが付いていなければ柔らかい洋服ブラシでホコリを払い、体から出た湿気を払うため1日干してからしまいます。お洒落が楽しめると同時にお手入れもできる、一石二鳥な方法です。

2011年12月初出

石けん百貨取扱い商品

着物のお手入れ・収納に

國田ブラシ 洋服ブラシ画像

國田ブラシ 洋服ブラシ別ウィンドウで開きます

天然毛を人の手で丹念に植え込んだ洋服ブラシです。天然毛なので静電気が起こりにくく、服地を傷めません。ハードとソフトの2種類をご用意。

10,260円(税込)

北見ハッカ通商 クリスタルペパーミント (ハッカ脳)画像

北見ハッカ通商 クリスタルペパーミント (ハッカ脳)別ウィンドウで開きます

ハッカ油の固形成分ハッカ脳(メントール)をそのまま瓶詰に。北見ハッカの「クリスタルペパーミント」は食品添加物ですので、ミントティーなどの食用にお使い頂けます。

1,080円(税込)

アルピニアペレット画像

アルピニアペレット別ウィンドウで開きます

沖縄特産の月桃(げっとう)のエッセンシャルオイルを使ってポプリにしました。南国のさわやかな香りで、衣類の防虫や、トイレや靴箱のニオイ対策などに。

1,944円(税込)

くすの木しょうのう画像

くすの木しょうのう別ウィンドウで開きます

天然のくすのきから抽出された、純粋な樟脳(しょうのう)です。たんすやクローゼットの衣類の防虫に。雛人形にもどうぞ。

1,836円(税込)

洋服ブラシ・防虫剤など別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動