1. 石鹸百科ホーム
  2. 石鹸生活の知識館
  3. 石鹸とは
  4. 各単体脂肪酸の石鹸に与える性質

各単体脂肪酸の石鹸に与える性質

単一の脂肪酸のみで作られる石鹸はありませんが、各脂肪酸で石鹸を作ったときに現れる...

単一の脂肪酸のみで作られる石鹸はありませんが、各脂肪酸で石鹸を作ったときに現れるであろう性質をまとめてみました。

※脂肪酸名の後にある記号の読み方:(C18:3)→炭素数18 不飽和結合3個

ラウリン酸ナトリウム(C12

  • 固い石鹸であり、冷水にもよく溶け、耐硬水性も良い。
  • 起泡力に富み、良好な泡を大量に生成する。
  • 洗浄力は、もっと炭素数の多い脂肪酸よりも劣る。皮膚刺激がややある。

ミリスチン酸ナトリウム(C14

  • ラウリン酸より水溶性が劣るが、泡のきめが細かく持続性が良い。

パルチミン酸ナトリウム(C16

  • 50℃以上で水に溶け、洗浄力を発揮する。

ステアリン酸ナトリウム(C18

  • 60℃以上で水に溶け、洗浄力を発揮する。耐硬水性は悪く、起泡力はきわめて貧弱である。
  • 固い石鹸である。高温では洗浄力が高い。

オレイン酸ナトリウム(C18:1)

  • ステアリン酸と炭素数は同じだが、不飽和結合を含むため、水溶性が良い。
  • 冷水にも良く溶け、洗浄力を発揮する。耐硬水性が良く、泡立ちも良い。柔らかい石鹸である。

リノール酸ナトリウム(C18:2)、リノレン酸ナトリウム(C18:3)

  • オレイン酸石鹸よりもいっそう軟質で水溶性も良いが、洗浄力は悪くなる。
  • リノレン酸は酸化しやすく、洗浄力にも寄与しないので、石鹸の主原料とされることはない。

リシノレン酸ナトリウム(C18:1)

  • ヒマシ油中にのみ存在する特殊な脂肪酸で、硬くて水に溶けやすい石鹸となる。
  • 洗浄力、起泡力は弱いが、透明石鹸の原料として用いられる。

2009年11月改訂

石けん百貨取扱い商品

ラウリン酸が多めの石鹸

ねば塾 しらかばボディソープ画像

ねば塾 しらかばボディソープ別ウィンドウで開きます

純植物性油脂(ヤシ油)が原料の、シンプルな石鹸ボディソープ。

216円〜918円(税込)

パックス 青ざらし画像

パックス 青ざらし別ウィンドウで開きます

ヤシ油が原料の洗濯用固形石けん。水分が少なく長持ちします。

194円(税込)

ブラットワンギ ココナッツクリームソープ チェンパカ画像

ブラットワンギ ココナッツクリームソープ チェンパカ別ウィンドウで開きます

チェンパカはバリの女性が髪に飾るお花。お供えにも欠かせません。うっとりするような南国の花の香りです。ココナツ石鹸はとても泡立ちが良く、サクッと軽くクリーミーな泡でさっぱりと洗い上げてくれます。

864円(税込)

ブラットワンギ ココナッツクリームソープ 無香料画像

ブラットワンギ ココナッツクリームソープ 無香料別ウィンドウで開きます

香料を加えていない最もシンプルな「無香料」は、ほのかにココナッツの香りがします。ココナツ石鹸はとても泡立ちが良く、サクッと軽くクリーミーな泡でさっぱりと洗い上げてくれます。

680円(税込)

洗濯用固形石鹸別ウィンドウで開きます

固形石鹸別ウィンドウで開きます

洗濯用粉石鹸別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動