液体石鹸と固形石鹸とどちらを使えばいいの?

好きな方を選べば良い

固形石鹸(脂肪酸ナトリウム)、液体石鹸(脂肪酸カリウム)、それぞれに長所短所があります。ご自分の体質や生活様式に合った「好きな石鹸」を選べば良いでしょう。

肌への刺激:固形の方がやや低刺激

固形石鹸(脂肪酸ナトリウム)も液体石鹸(脂肪酸カリウム)も肌への刺激性はそれほど高くありません。

敢えて言えば、脂肪酸ナトリウム(固形)のほうがやや低刺激です。しかし原料油脂や配合成分によっても使用感は大きく変わるので、固形か液体かという比較は難しいでしょう。

洗浄力:固形が強い

脂肪酸ナトリウム(固形)のほうが優れていると言えます。水分が少なく、純石鹸分の割合が多い為です。

液体石鹸の純石鹸分は30%

液体石鹸は純石鹸分(脂肪酸カリウム)の割合が製品全体の30%程度。残りはほぼ水です。石鹸分が少ないのでその分洗浄力も落ちるという理屈です。

何故30%しか無いのかと言えば、石鹸分がそれ以上になると容器の中で固まってしまう為です。

液体石鹸にはアルカリ助剤が入れられない

例えば洗濯用粉石鹸には炭酸ソーダ(炭酸塩)などアルカリ助剤が配合されていて石鹸の洗浄力を助けます。(粉石鹸は固形石鹸を砕いて作ります)

一方、洗濯用液体石鹸の殆どはアルカリ助剤が配合されていません。液体石鹸にアルカリ剤を入れると固まってしまう為です。このような差異も洗浄力の差に繋がります。

取扱い:液体が手軽

溶かす手間が少ない分、液体石鹸のほうが扱い易いと感じられる事が多いようです。

コスト:固形がお得

先に述べたように、液体石鹸は製品重量の30%位しか石鹸分がありません。残りはほぼ水です。一方、固形石鹸は純石鹸分が90%以上を占める製品が殆どです。

従って、同じ重さと価格であれば、固形石鹸を買う方が沢山の石鹸分を得られます。

ゴミ:固形が少ない

これは固形石鹸に軍配が上がります。固形石鹸は、そのほとんどが紙やプラスチックで軽く包まれているだけ。ゴミの量は多くありません。

一方液体石鹸には容器が必要です。容器ごと次々と買い換えればゴミが増えます。液体石鹸を使う場合はできるだけ詰め替え用を使いましょう。

20020年3月改訂(2001年7月初出)

石けん百貨取扱い商品

固形石鹸と液体石鹸

石けん百貨 天然ハーブの洗顔せっけん オレンジ&ラベンダー画像

石けん百貨 天然ハーブの洗顔せっけん オレンジ&ラベンダー

心地よい香りでリラックスしてもらえるような、そんな石鹸を目指して作りました。ラベンダーとオレンジがミックスした爽やかでやさしい香りです。溶け崩れしにくい枠練りタイプ。

660円〜1,870円(税込)

暁石鹸 浴用オリブ画像

暁石鹸 浴用オリブ

鹸化にたっぷり時間をかけました。どなたにも愛される珠玉の石けんです。シンプルな浴用石鹸ですので、洗顔・お風呂・シャンプーのほか、もちろん家事にも使えます。

257円〜2,574円(税込)

まるは油脂 オリーブお風呂の石けん 3P画像

まるは油脂 オリーブお風呂の石けん 3P

無添加石鹸にオリーブ油を加えました。乾燥肌の方にもオススメのしっとりタイプ。お風呂・洗顔・シャンプー・手洗いに、幅広くどうぞ。3個入りでお手頃価格です。無香料。

756円(税込)

石けん百貨 お風呂の液体せっけん ゼラニウム&ラベンダーの香り画像

石けん百貨 お風呂の液体せっけん ゼラニウム&ラベンダーの香り

これひとつで頭からつま先まで洗える、浴用液体石鹸です。シャンプーにもハンドソープにもどうぞ。ゼラニウムとラベンダーの精油を配合。爽やかな香りでリラックスなバスタイムを。

1,265円〜1,925円(税込)

パルセイユ スカルプヘアシャンプー画像

パルセイユ スカルプヘアシャンプー

オリーブオイルとココナッツオイルのリキッドソープをベースにした、頭皮・髪用シャンプーです。オレンジやローズマリーなど4種類のハーブをブレンドした爽やかな香り。頭皮への刺激を抑えるため、pHを低めに作られています。

1,760円〜1,980円(税込)

洗面・バスグッズ

石鹸ボディソープ