1. 石鹸百科ホーム
  2. 石鹸生活のアイテム事典
  3. 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)
  4. 「美肌の湯」の素が過炭酸ナトリウムをパワーアップ:メタケイ酸ナトリウム

「美肌の湯」の素が過炭酸ナトリウムをパワーアップ:メタケイ酸ナトリウム

一緒に使えば過炭酸ナトリウムがパワーアップ。美人の湯成分でもある「メタケイ酸ナトリウム」について。

洗濯槽クリーナーや食器洗い機用洗剤として人気の過炭酸ナトリウム。ご家庭で使う場合、基本的には混ぜ物をしないのがお勧めです。(参照:混ぜないで! 過炭酸ナトリウムと界面活性剤 ~泡と消える過炭酸パワー~

しかし、例外もあります。例えば「メタケイ酸ナトリウム」。このアルカリ剤を過炭酸ナトリウムと併用すると、過炭酸ナトリウム単体の時より効果的に洗浄・殺菌漂白を行うことが出来ます。

メタケイ酸ナトリウム追加がお勧めの理由

過炭酸ナトリウムの漂白効果は十分な温度に加え、適度に高いpH値の環境下で最も効果的に発揮されます。

過炭酸ナトリウムにメタ珪酸ナトリウムを加えてpHを11付近まで上げると、過炭酸ナトリウムの反応が速くなります。その結果、「よく効く」状態になります。

過酸化系漂白剤の漂白効果(第2報) 過酸化系漂白剤の分解と漂白力におよぼす無機ビルダーの影響」『家政学雑誌Vol. 37 No. 3 (1986)』によると、過酸化水素に炭酸ナトリウムおよびメタケイ酸ナトリウムを加えると、過酸化水素単独にくらべ、分解速度は速くなり、これらの無機ビルダーは分解促進作用があることが明らかになっています。

この実験の結果は、過炭酸ナトリウムにメタ珪酸ナトリウムを加えpHを適度に高くすると過炭酸ナトリウムの分解速度が速くなるということを示しています。

メタケイ酸ナトリウムとは?

メタケイ酸ナトリウムは石鹸や合成洗剤のビルダーとして使われているアルカリ剤です。

二酸化ケイ素を、炭酸ナトリウムまたは水酸化ナトリウムと融解して得られる無色の結晶です。水に可溶で、水溶液は加水分解されアルカリ性を示します。優れた乳化力、汚物分解性、腐食防止効果を備えています。

お肌に良い温泉成分としても有名です。メタケイ酸ナトリウムを多く含む大分県の湯布院温泉や宮城県の鳴子温泉などは美肌の湯として人気があります。

2018年10月初出

石けん百貨取扱い商品

メタケイ酸ナトリウム・過炭酸ナトリウム

石けん百貨 メタケイ酸ナトリウム画像

石けん百貨 メタケイ酸ナトリウム別ウィンドウで開きます

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の効果を高めるアルカリ剤です。ほんの少し足すだけで殺菌漂白効果がぐーんとアップ。洗濯槽掃除や殺菌漂白の機会が多い、そんな方には殊にお勧め。

324円(税込)

【量り売り】石けん百貨 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)画像

【量り売り】石けん百貨 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)別ウィンドウで開きます

食器やふきんの漂白、衣類の漂白や軽い洗濯に。また、食洗機用洗剤・洗濯槽クリーナー・排水口クリーナーとしてもマルチに使えます。塩素系とは違い、ツンとする嫌なニオイがありません。

162円〜3,132円(税込)

石けん百貨 洗濯槽クリーナー画像

石けん百貨 洗濯槽クリーナー別ウィンドウで開きます

破格の低価格! 過酸化水素の酸化力が最も効果的に働く、過炭酸ナトリウム100%の洗濯槽クリーナーです。洗濯機に溶け残った石鹸や洗剤・黒カビをスッキリ落とします。

561円〜1,100円(税込)

石けん百貨 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤) 容器入画像

石けん百貨 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤) 容器入別ウィンドウで開きます

『【量り売り】石けん百貨 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)』を使いやすい詰め替え容器に入れました。高さ約22cm。5つ穴の振り出し式。蓋はヒンジキャップ式です。

475円(税込)

暁石鹸 酸素系漂白剤画像

暁石鹸 酸素系漂白剤別ウィンドウで開きます

過炭酸ナトリウム100%。衣類や食器などの漂白・除菌・除臭に。イヤなにおいがありません。漂白には40℃以上のお湯を使い、20分以上浸け込んでください。洗濯槽の掃除にもどうぞ。

356円〜1,620円(税込)

ハイネリー サンソホワイト画像

ハイネリー サンソホワイト別ウィンドウで開きます

ハイネリー社の酸素系漂白剤です。過炭酸ナトリウム100%。ツンとくるイヤな臭いがありません。衣類や食器などの漂白・除菌・消臭にどうぞ。洗濯槽のお掃除にも。

1,058円(税込)

洗濯槽クリーナー別ウィンドウで開きます

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動