1. 石鹸百科ホーム
  2. 石鹸生活の知識館
  3. 石鹸とは
  4. よく石鹸の名前についている「マルセル」って、どういう意味?

よく石鹸の名前についている「マルセル」って、どういう意味?

「マルセル」とは、マルセイユ(Marseille)のことです。「マルセイユ石鹸(...

「マルセル」とは、マルセイユ(Marseille)のことです。「マルセイユ石鹸(サボン・ド・マルセイユ)」という呼び名が上等の石鹸の代名詞となっていた時代があったので、「いい石鹸ですよ」という意味で商品名に「マルセル」とつけることが日本でも流行したのです。

フランスの地中海沿岸のマルセイユは、石鹸の原料となるオリーブ油と、海藻から作るソーダ(アルカリ剤)に恵まれていたため、9世紀ごろから脂肪酸ナトリウムの石鹸(固形石鹸)が作られはじめました。

当時、ヨーロッパのほかの地方では動物の脂と木灰を原料にした、軟らかい脂肪酸カリウムの石鹸が作られていました。この石鹸は軟らかくて扱いにくく、臭いもきつかったようです。ですからマルセイユで作られる硬い石鹸は非常に評判が良かったのです。

1688年には、当時のフランス国王だったルイ14世がマルセイユ石鹸の厳格な基準を定めた王令を発布。石鹸の質はさらに上がり、マルセイユは良質な石鹸の一大産地として世界中に名を馳せることになったのです。

今でもいろいろな石鹸メーカーから「マルセル」という名前のついた純石鹸が発売されています。

マルセル石鹸については、関連情報もご参照ください。

2009年11月改訂

「よく石鹸の名前についている「マルセル」って、どういう意味?」の関連情報

石鹸の歴史

マルセル石鹸いろいろ別ウィンドウで開きます

石けん百貨取扱い商品

「マルセル」石鹸いろいろ

エスケー石鹸 うるおい純マルセル画像

エスケー石鹸 うるおい純マルセル別ウィンドウで開きます

4種の原料油を巧みにブレンド。しつこい皮脂汚れなどにどうぞ。

291円(税込)

ハイネリー 液体マルセル 無香料画像

ハイネリー 液体マルセル 無香料別ウィンドウで開きます

脂肪酸ナトリウム(固形石けん分)が主体の液体石けん。襟そで汚れのプレケア用や、粉石鹸での洗濯で泡立ちが足りなかったときの追加用に。無添加・無香料。詰め替え用もあります。

527円〜867円(税込)

洗濯と衣類のお手入れ別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動