鍋の焦げ付き落とし

鍋を焦がしてしまった。普通に擦る位では歯が立たない。そんな時に使えるアイデアを幾つかご紹介します。

硬い素材のタワシやヘラを使う

多少の傷は気にしなくてもよい鍋なら、金属束子や硬めのヘラでこそげ落とす。

焦げの塊が大体取れたら、クレンザーや重曹等の研磨剤をぼろ布に付けて黒ずんだ箇所を磨く。このような磨き作業では、スポンジよりもぼろ布を使うほうがしっかり擦れる。

※ホーローなど傷の付きやすい調理器具にこの方法は不向き。

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)で浸け置きする

  1. 焦げついた鍋に大さじ1程度の過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を入れる。
    ※使用量は鍋の大きさや焦げ具合によって加減する。
  2. 鍋に40~50℃の湯を注ぎ、30分~1時間放置する。
  3. 過炭酸ナトリウムが十分に分解しないまま湯が冷めた時は、火に掛けて適温まで温める。
  4. 湯を捨て、残っている焦げを束子などで擦る。
  5. 焦げが残るようなら同じ手順を繰り返す。

注意事項

  • 過炭酸ナトリウムに注ぐ湯は50℃を大きく越えないようにする。湯温が高すぎると過炭酸ナトリウムが一気に分解され、発生した酸素の多くが無駄に空気中に逃げてゆく為。
  • アルミ鍋にはこの方法を使わない事。アルミニウムはアルカリに弱い為。
    ※参考「煮洗いの鍋はアルミ鍋ではなぜだめなの?

過炭酸ナトリウムをペースト状にして塗る

過炭酸ナトリウムをペースト状にできる製品を利用する方法。鍋の外側も焦げている時に便利。

  1. 製品ページ「基本の作り方」を参照してペーストを作る。
  2. 焦げにペーストを塗りつける。
  3. 30分程度放置し、流水で濯ぎ流す。
  4. 残った焦げを束子などで擦る。落ちない場合はもう一度過炭酸ナトリウムペーストで処理する。

参考:「まっ黒なやかんが過炭酸ペーストできれいに」

注意事項

アルミ鍋にはこの方法を使わない事。アルミニウムはアルカリに弱い為。

重曹を入れて煮立てる

重曹が分解されて出る二酸化炭素の発泡力と、その後に残る炭酸ソーダ(炭酸塩)のアルカリを利用した方法。

洗浄力は過炭酸ナトリウムよりも弱い。

  1. 焦げついた鍋に水を張る。
  2. 重曹を小さじ2程度入れて沸騰させる。
  3. 火を止めて数時間放置する。
  4. 焦げが剥がれたら湯を捨てて擦り洗いし、濯ぐ。
  5. 焦げが落ちていないようなら重曹を足してもう一度煮立る。

注意事項

アルミ鍋にはこの方法を使わない事。アルミニウムはアルカリに弱い為。

酸を使う

酢を焦げに振りかけて暫く放置すると落とし易くなる事がある。

酢の代わりに、クエン酸水溶液を使っても良い。(水500mlにクエン酸小さじ1)

酸に弱い素材の調理器具は酸の濃度や放置時間に気をつける事。

天日干しをする

時間をかけても構わない時は、一週間程度天日干しすると焦げが自然に剥がれてくる事がある。

2020年1月改訂(2011年12月初出)

石けん百貨取扱い商品

焦げ付き落としに

キコー 18-8ステンレス カールたわし画像

キコー 18-8ステンレス カールたわし

中華鍋や鉄フライパンの焦げ付き、魚焼きグリルの焼き網のこびり付きなど、ステンレスたわしでゴシゴシこすってみてください。抜群の研磨力で、頑固な汚れも楽に落とします。

132円(税込)

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)画像

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)

食器やふきんの漂白、衣類の漂白や軽い洗濯に。また、食洗機用洗剤・洗濯槽クリーナー・排水口クリーナーとしてもマルチに使えます。塩素系とは違い、ツンとする嫌なニオイがありません。

407円〜3,190円(税込)

食器・器物用 ハイネリー画像

食器・器物用 ハイネリー

汚れ落しの決定版! 独自の包含洗浄法でスルリと汚れが落ちる、練りタイプのクレンザーです。

715円〜2,310円(税込)

暁石鹸 ローブ クレンザー画像

暁石鹸 ローブ クレンザー

軽い石粉「パーライト」で作られた粉末クレンザーです。液体石鹸(カリ石鹸)を染み込ませて洗浄力を高めています。シンクの曇りや頑固汚れに。

330円(税込)

まるは油脂 石けんクリーナー(石けんと火山灰)画像

まるは油脂 石けんクリーナー(石けんと火山灰)

シラス(火山灰)を研磨剤として有効活用。面白いほど汚れが落ちる、粉末状クレンザーです。

407円〜572円(税込)

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)

クレンザー・頑固な汚れ落とし

キッチン用品