1. 石鹸百科ホーム
  2. 石鹸生活のHOW TO
  3. 入浴・シャンプーと洗顔・スキンケア
  4. 植物の粉がヘアカラーに「ヘナ(ヘンナ)」

植物の粉がヘアカラーに「ヘナ(ヘンナ)」

ヘナ(ヘンナ/henna)とは? ヘナ(ヘンナ/henna)とは西南アジアから北...

ヘナ(ヘンナ/henna)とは?

ヘナ(ヘンナ/henna)とは西南アジアから北アフリカにかけて自生するミソハギ科の植物。和名は「指甲花(しこうか)」「ツマクレナイノキ」といいます。この植物の葉を乾燥させて細かいパウダー状にし、水で練ってペースト状にしたものを髪の毛や皮膚に塗りつけて色を染めます。

ヘナは旧約聖書にも登場しています。19世紀ペルシャやインドの女性たちは髪の毛だけでなく手の平や指先もヘナで染めていました。エジプトや中近東では、結婚式やお祭りのお洒落としてヘナでのマニキュアやボディペイントが今も行われています。また、ヨーロッパでもヘアトリートメント、染毛剤として古くから普及しています。

ヘナで髪が染まる理由

ヘナで髪が染められるのは、その葉にローソン(Lawsone)またはヘンノタンニン酸(hennotannic acid)と呼ばれるオレンジ色の色素を含んでいるためです。lowsoneはタンパク質と結合する性質を持っているので、それを利用してケラチンというタンパク質が主成分である髪の毛や皮膚、爪を染めることができます。ヘナで染めると白髪は赤っぽい茶色に発色し、黒髪は茶色がかったツヤが出ます。

ヘナの色素lowsoneは、髪の表面を被うキューティクルの内側にあるコルテックス(毛皮質)のタンパク質と結合して髪に色を付けます。そのため一度染まると色が長持ちします。よって、ヘナは酸化染料を使ったヘアカラーと同じ「永久染毛剤」に区分されます。

ヘナのメリット・デメリット

ヘナにはヘアトリートメントのような作用もあるため、酸化染料タイプのヘアカラーほど髪を傷めません。染毛ではなく、ヘアトリートメント目的にのみヘナを使う人もいます。そのため、髪が非常に傷んでいたり、酸化染料の染毛剤に髪質が合わない人でも比較的安心して使うことができます。

ヘナは植物の粉なので、酸化染料だと頭皮がかぶれる、アレルギーが出るといった人でも使えます。ただし、ヘナの成分が体に合わないとトラブルが起こるので、使う前に必ずパッチテストをしましょう。皮膚の反応はその日の体調によっても違ってくるので、染めるたびにテストをするとより安心です。

ヘナのデメリットとしては、カラーバリエーションが少ない、常に安定した色を出すのが難しい、濃い髪色を薄くできない(脱色作用がない)、染め時間が長い(1時間以上)、ヘナ染めを取り扱っている美容院が少ないなどがあります。

市販の製品の中には、ヘナを少量配合した酸化染料主体のヘアカラー製品に「ヘナ染め」などと表示されている場合があります。酸化染料を避けたいときには全成分をよく確認しましょう。

ヘナ染めやパッチテスト、その他のヘアケアについては「読んで美に効く基礎知識/髪の毛のダメージを防ぐヘアケア方法って?」別ウィンドウで開きますもご覧ください。

ヘナ100%製品での髪染めの仕方(一例)

用意するもの

  • ヘナパウダー
  • ヘナを溶く容器や混ぜる道具(スプーンや泡立て器など)
  • 水またはお湯
  • 料理用のラップ 
  • ゴム手袋
  • 使い古しのタオル
  • ヘアキャップ
  • 油性のクリーム

染め方

  1. シャンプーする。トリートメントや整髪剤、その他の汚れが髪の毛に残っているとよく染まらないため
  2. 髪の毛をタオルドライする
  3. 生え際や襟足、耳たぶなど、染まってほしくない所の皮膚にクリームを塗る。油分があるとヘナがはじかれて色が付かない
  4. ヘナペーストを作る。適当な容器にヘナパウダーを入れ、水またはお湯で溶いてマヨネーズくらいの固さに調整する。小さな泡立て器を利用するとダマになりにくい
  5. ヘナペーストを髪の根元からしっかり塗りつける。手袋をはめた手でペーストをすくい、そのまま髪に塗りつけると手早くできる
  6. ヘナペーストを塗り終わったら、乾燥防止のためラップで頭全体を包む
  7. タオルを頭に巻き、更にシャワーキャップをかぶる(保温のため)
  8. ドライヤーで頭全体を温める。温かいほうが髪のタンパク質とヘナの色素が早く結合するため
  9. 1時間以上放置する。長くおくほどヘナの赤みがしっかり髪に入る
  10. ヘナペーストを洗い流す前にお酢や石鹸シャンプー用酸性リンスなどの酸性の液体を髪全体に揉み込む(酸による色止め)
  11. シャンプーしてヘナペーストをよく洗い流す。染めたときには赤い色が強く出るが、日が経つにつれて落ちついた色味になる。

※メーカーや製品、ブレンド原料によって染め方が違う場合があります。染める前に製品の説明書をよく読んでください
※ヘナ染めしたての髪をタオルで拭くと茶色い色が付きますが、洗濯すれば落ちます。染めてから日数がたつと次第に色は付かなくなります
※ヘナ染めが初めてだと染まりにくいことがありますが、数回くり返すうちによく染まるようになる場合が多いようです
※使っている最中に火照りやかゆみなど皮膚の異常を感じたらすぐに洗い流し、必要なら皮膚科を受診してください

2012年9月初出

石けん百貨取扱い商品

ヘナ製品いろいろ

ナイアード ヘナ100%画像

ナイアード ヘナ100%別ウィンドウで開きます

ヘナ本来の良さを味わいたい方に。ヘナのみを100%使用した、ナイアードのヘナシリーズで一番シンプルな「ヘナ100%」です。白髪がオレンジ~赤褐色に染まります。

1,080円〜3,240円(税込)

ムクティ ヘナパウダー イエローブラウン画像

ムクティ ヘナパウダー イエローブラウン別ウィンドウで開きます

ヘナとハーブパウダーを約50%ずつの割合で配合しています。白髪の部分だけ、薄くイエローブラウン(栗色のような明るい茶色)にカラーリングされます。白髪の多い方におすすめです。

1,296円(税込)

ヘナ別ウィンドウで開きます

ヘナ染めのときに便利な小物など

ヘナ用 使い捨てイヤーキャップ画像

ヘナ用 使い捨てイヤーキャップ別ウィンドウで開きます

カラーリング・白髪染めの際に便利な耳キャップです。耳が汚れたり染まったりするのを防ぎます。左右兼用の20枚入り。

540円(税込)

ヘナ染め用雑貨別ウィンドウで開きます

ヘナ・ヘアカラー別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動