アルカリ剤には界面活性剤が含まれていないのに、どうして油汚れ(脂汚れ)が落ちるの?

セスキ炭酸ソーダ等のアルカリ剤が油汚れを洗い落とせるのは主に以下の理由に依ります。

アルカリは油脂を乳化する

油脂の成分である脂肪酸はアルカリで乳化されて溶けるという性質があります。アルカリ剤が脂肪酸に働きかけて一種の石鹸に変えてしまうためです。

石鹸になった汚れは水と馴染みやすくなり、それまでくっついていた所から離れて洗い流されてゆきます。

アルカリはタンパク質を分解する

アルカリはタンパク質を分解し溶かす働きもあります。その為、脂肪酸やタンパク質、油脂が混ざり合った皮脂や垢の汚れを洗い流すのにも効果があるのです。

また、台所のベタベタする汚れも、油脂と脂肪酸が混じりあっていることが多いので、アルカリ剤で落とすことができるのです。

2020年3月改訂(2001年10月初出)

石けん百貨取扱い商品

アルカリ剤を利用した製品

セスキ炭酸ソーダ・炭酸塩

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)

アルカリ洗濯