浴室の掃除

基本のお掃除

カビ・ヌメリの元を残さない

浴室にありがちな汚れは、合成洗剤や石鹸の残り、金属石鹸(石鹸カス)、食べ物系の入浴剤(ミカンの皮、ミルクなど)、人の体から出た髪の毛や垢などです。これらはカビや雑菌の温床にもなるのでできるだけ早く取り去ります。

入浴の最後に浴室全体を熱めのシャワーで流すと、壁や床に残っているほとんどの汚れを流すことができます。

温度を下げてとカビヌメリ防止

熱いシャワーで流した後は水のシャワーを掛けましょう。温度が下がるとカビや雑菌が増えにくくなります。その後に水気をふき取っておけば更によいでしょう。

水気を取る道具は雑巾でもよいのですが、スキージーを使うと楽です。

アルカリ剤で擦り洗い

シャワーだけでは落ちない汚れもあります。
汚れが溜まりそうなところは「基本のアルカリスプレー」を吹きかけて擦り洗いします。スプレーはセスキ炭酸ソーダ炭酸ソーダで自作も出来ます。

頑固汚れには石鹸

オイル系アイテムの汚れが付いた等の場合はアルカリ剤では洗浄力不足です。石鹸を使いましょう。

液体石鹸スプレーでも、粉石鹸でも固形石鹸でも、自分の使いよいものを選びます。

ヌル付きは重曹で擦る

雑菌類が繁殖してヌル付いているところは、重曹を振りかけて擦るとスッキリします。ただ、重曹には研磨作用があるので傷の付きやすい素材には使わないでください。

排水口まわりの掃除

排水口周辺は特にヌメリやカビが出やすい部分です。汚れが溜まらないうちから小まめに擦っておくと洗剤類を使わずに済みます。

排水口掃除の裏技

排水口の周りやゴミ受けに過炭酸ナトリウムを定期的にぱらぱらと振り掛けておくとカビ・ヌメリ予防になります。

過炭酸ナトリウムを山盛りにする必要はありません。「全体的にパラパラ」で十分です。継続的に行っていればそのうち満遍なくきれいになります。巧くいけば、擦り洗いは殆ど不要になります。

過炭酸ナトリウムは温度が高い方がよく働くため、入浴直後に振り掛けるのがお勧めです。振り掛けてしばらくは水を流さないように注意しましょう。

カビ対策

浴室は湿気がこもりやすいのでカビが生えやすいものです。普段の浴室掃除の最後にエタノールをスプレーしておくとカビ抑制になります。

カビ取り剤について

入手しやすいカビ取り剤は次亜塩素酸利用の製品が殆どです。酸性の液体と混ざると有毒ガスを発生するため、取り扱いには十分な注意が必要です。

過炭酸ナトリウムを利用した製品としては「石けん百貨 酸素系カビ取り剤 ver.3」があります。こちらは酸性の液体と接触しても有毒ガスは発生しません。

2021年12月改訂(2011年3月初出)

石けん百貨取扱い商品

お風呂掃除に

掃除と住居ケア:石けん百貨オリジナルブランド