コラム:日本人と大掃除

年末の恒例イベント、大掃除。なぜ日本人は大がかりな掃除をするのに寒い年末を選ぶの...

年末の恒例イベント、大掃除。なぜ日本人は大がかりな掃除をするのに寒い年末を選ぶのでしょう? それは、大掃除が正月の神事とつながっているためです。

「すす払い」が原型

正月には、その年の歳神(トシガミ)さまを各家庭に迎えます。門松を立てる、正月飾りを掛ける、鏡餅を供えるなどはすべてそのための準備。大掃除もそのひとつで、歳神さまを迎えるため家の内外に溜まった1年の汚れを払って清める「すす払い」という行事なのです。

すす払いは毎年12月13日と決まっていて、昔は民家でもその日に大掃除をして家を清めて物忌みをし、年越しの準備を始めました。現在の一般家庭ではもっと遅くに掃除を始めることも多いのですが、神社仏閣では今でも12月13日にすす払いを行い、その様子は年末の風物詩のひとつにもなっています。

国民の「義務」に

近代になると、「行事」であった大掃除に「法律」が絡んできます。

明治33年(1900年)には掃除に関するはじめての法律「汚物掃除法」制定され、昭和29年(1954年)には「清掃法」が定められます。この「清掃法」には「建物の占有者は、毎年1回、市町村長の定める計画に従って、大掃除を行わなければならない」とあります。集落ごとに大掃除検査の日が定められ、役場の職員が家々を回って検査し、合格した家には「大掃除検査済之証」を貼って回りました。

 

昭和45年(1970年)には「清掃法」が全面改正された「廃棄物処理法」が制定。建物の占有者は、建物を清潔に保つこと、市町村長の計画により大掃除を行うことが義務づけられました。この法律に罰則はありません。また、「年に1回は必ず大掃除」という決まりもなくなりました。

衛生思想が普及した今日では、市町村の職員が一般家庭の大掃除を指導したり検査したりすることはなくなりました。大掃除検査を行う自治体も今ではほとんどありません。


参考資料:

「清潔な暮らしの科学(生活編)」花王生活科学研究所

「田鶴浜町町史」石川県田鶴浜町

2011年12月初出

石けん百貨取扱い商品

大掃除に役立つアイテム

【量り売り】石けん百貨 セスキワイド ライムミントの香り画像

【量り売り】石けん百貨 セスキワイド ライムミントの香り別ウィンドウで開きます

セスキ炭酸ソーダの進化版。洗浄力をアップして使用量は半分に! さらに除菌効果の高いユーカリオイルと爽やかなライムミント香料も配合。掃除・洗濯・消臭スプレーにとワイドにお使い下さい。

162円〜5,400円(税込)

【量り売り】石けん百貨 重曹画像

【量り売り】石けん百貨 重曹別ウィンドウで開きます

クレンザーや消臭剤にどうぞ。シンクや鍋の焦げに振りかけて、ぼろ布でこすればクスミがすっきり。生ゴミ箱にひとつかみ振りかけると臭いが和らぎ、消臭剤としても優秀です。

162円〜3,780円(税込)

石けん百貨 酸素系カビ取り剤 分包タイプ画像

石けん百貨 酸素系カビ取り剤 分包タイプ別ウィンドウで開きます

水と混ぜるだけで簡単にカビ取りペーストが作れます。計量不要、1回使い切りの分包タイプだから準備や後片付けも楽ちんです。過炭酸ナトリウムの酸化パワーが黒カビに効きます!

129円〜1,230円(税込)

石けん百貨 基本のアルカリスプレー【ベータ版】画像

石けん百貨 基本のアルカリスプレー【ベータ版】別ウィンドウで開きます

「セスキワイド」をお手軽なスプレータイプにしました。「セスキワイドを使ってみたいけど、粉で沢山買って使いこなせなかったら……」という方でも気軽にお試し頂けます。

216円(税込)

石けん百貨 泡スプレーのお掃除石鹸 消臭プラス【ベータ版】画像

石けん百貨 泡スプレーのお掃除石鹸 消臭プラス【ベータ版】別ウィンドウで開きます

液体石鹸の洗浄力に、柿渋の消臭力をプラス。色んな場所に使える液体石鹸です。香料は使っていません。油汚れや皮脂汚れなどが気になる箇所に直接スプレーしたり、布に含ませたりしてお使い下さい。

324円(税込)

石けん百貨 天然ハーブの除菌消臭スプレー画像

石けん百貨 天然ハーブの除菌消臭スプレー別ウィンドウで開きます

住まいの除菌消臭スプレーです。食品添加物グレードのアルコール製剤が雑菌類を減らし、精油が爽やかに香ります。水洗いしづらい布製品や、水周りの消臭などに。【除菌タイプ】

220円〜1,404円(税込)

掃除道具と住居ケア別ウィンドウで開きます

石けん百貨オリジナルブランド【量り売り】別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動