石鹸の表示の見方(2) 身体用

シャンプー、ボディソープ、ハンドソープ、お風呂で使う化粧石鹸、歯磨き剤など人間の体を洗うためのものは、薬機法(旧:薬事法)という法律で規制されていて、厚生労働省が管轄しています。

「全成分」を探そう

これらの製品には、原料となったすべての成分名がパッケージや製品のどこかに記されています。これは、2001年4月の薬事法(現:薬機法)の改正によりメーカー側に義務付けられたものです。このときに表示義務から外れていた医薬部外品も、2006年の薬事法改正で全成分表示が義務とされました。

旧「表示指定成分」とは?

2001年の改正以前は「表示指定成分」だけに表示義務がありました。表示指定成分とは、アレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある成分102種類に香料をプラスした、103種の成分のことです。

石鹸にもいろいろある

浴用の固形石鹸(化粧石鹸)には、石鹸素地だけでできている純石鹸(無添加石鹸)もあれば、 さまざまな添加物が含まれているものもあります。その添加物も、ハーブエキスやビタミンEのようにほとんど問題ないものから、エデト酸塩(金属封鎖剤)やジブチルヒドロキシトルエン(変質防止剤)のような、人体への安全性に疑問符が付くようなものまで、さまざまです。

確実に「石鹸」を選びたければ…

JISマークのついている石鹸は、純石鹸分93%以上なので確実に石鹸と判断できます。

一方、見た目は石鹸のようでも 合成界面活性剤が主成分で、石鹸とはいえないようなものもあります。そのような製品を避けたければ、「石ケン素地」(注1)とはっきり書いてあり、それ以外の成分がなるべく少ない製品を選ぶとよいでしょう。

注1 化粧石鹸の場合は家庭用品と違って、「脂肪酸ナトリウム」ではなく「石ケン素地」と表示されます。

石鹸っぽい「合成洗剤」について

一見すると固形石鹸のような身体洗浄用の合成洗剤があります。アメリカで多く見られるタイプの製品ですが、最近は日本でも増えてきました。

合成界面活性剤だけを洗浄成分にしたものはsyndet bar(合成化粧石鹸)、 石鹸と合成界面活性剤を組み合わせたものはcombination bar またはcombo bar(複合化粧石鹸) と呼ばれます。

このような製品に使用されている合成界面活性剤は、アシルイセチオン酸塩、N-アシル-L-グルタミン酸塩、トリエタノールアミン塩、N-アシルメチルタウリン塩などです。

「自分で確かめる」が大事

家庭用品と違って、身体用の洗浄料は「石鹸か合成洗剤か」という書き方での区別が製品に記載されません。ですから自分の目で「石鹸」を表す成分名を確かめて、納得してから購入するようにしましょう。

2022年4月改訂

石けん百貨取扱い商品

身体用の石鹸アイテム

石けん百貨 天然ハーブの洗顔せっけん オレンジ&ラベンダー画像

石けん百貨 天然ハーブの洗顔せっけん オレンジ&ラベンダー

心地よい香りでリラックスしてもらえるような、そんな石鹸を目指して作りました。ラベンダーとオレンジがミックスした爽やかでやさしい香りです。溶け崩れしにくい枠練りタイプ。

990円(税込)

石けん百貨 お風呂の液体せっけん シトラスフルーツの香り画像

石けん百貨 お風呂の液体せっけん シトラスフルーツの香り

これひとつで頭からつま先まで洗える、浴用液体石鹸です。グレープフルーツ・オレンジ・レモン・ゆずの4種類の精油を配合。柑橘類らしいほろ苦さのある爽やかな香りで気分もリフレッシュ!

1,760円〜2,530円(税込)

地の塩社 どくだみ石けん画像

地の塩社 どくだみ石けん

上質の石けん素地にどくだみや甘草エキスなどの保湿成分を配合。すっきりなめらかに洗いあげます。

726円(税込)

まるは油脂 オリーブお風呂の石けん 3P画像

まるは油脂 オリーブお風呂の石けん 3P

無添加石鹸にオリーブ油を加えました。乾燥肌の方にもオススメのしっとりタイプ。お風呂・洗顔・シャンプー・手洗いに、幅広くどうぞ。3個入りでお手頃価格です。無香料。

605円(税込)

パックスナチュロン 石けんハミガキ画像

パックスナチュロン 石けんハミガキ

洗浄成分は植物性石けん。清涼剤にはスペアミントとユーカリの天然ハーブエキスを使用。甘味がなく爽やかな使用感の歯磨き粉です。使用後に飲食しても味が変わりません。

629円(税込)

石鹸と洗面・お風呂グッズ

石鹸シャンプー