界面活性剤とは

界面とは、表面ともいいます。界面(表面)とは、2つの性質の異なる物質の境界面のこ...

界面とは、表面ともいいます。界面(表面)とは、2つの性質の異なる物質の境界面のことです。 2つの混じり合わない物質の間には、必ず界面が存在します。

例えば、洗濯中の洗濯機の中を考えると、水と空気の界面、水と汚れの界面、水と衣類の界面、汚れと衣類の界面、洗濯槽と水の界面、 のように、たくさんの界面が存在しています。

界面活性剤とは、このような界面に働いて、界面の性質を変える物質のことを言います。

水と油は、混じり合わないものの代表のように言われています。 混じり合わない水と油の間には界面が存在していますが、界面活性剤は、この界面に働いて界面の性質を変え、水と油を混じり合わせることができるのです。

界面活性剤の分子は特徴的な形をしています。1つの分子の中に、水になじみやすい部分(親水基)と水になじみにくい部分(疎水基)があり、一般的には図1のようなマッチ棒の形の模型で示されます。

画像

図1:ステアリン酸ナトリウム(石けん)の構造

このような構造をしているため、界面活性剤は水と油の中を取り持ち、いろいろな働きをすることができるのです。

石けん百貨取扱い商品

界面活性剤不使用の洗浄剤

石鹸以外の洗濯洗剤別ウィンドウで開きます

クレイ・粘土別ウィンドウで開きます

和のスキンケア別ウィンドウで開きます

界面活性剤(石鹸)を利用した製品

洗濯石鹸と衣類ケア別ウィンドウで開きます

スキンケア別ウィンドウで開きます

石鹸シャンプー別ウィンドウで開きます