ニセ科学と石けんの諸問題 -洗浄の科学とシャボン玉石けん-

トップページ >>> 洗浄の科学とシャボン玉石けん >>> シャボン玉石けんへ の質問状・その後

はじめに

弊社は1999年10月にシャボン玉石けん製品の取扱いを終了しました。しかし、お客様から同社製品について未だにお問い合わせがあります。事情をご存じないお客様の疑問にお答えするため、また、消費者の皆様に現在の石けん事情について正しくご理解いただくため、弊社のシャボン玉石けんに関する考え方を今一度明らかにしたいと思います。

1999年8月、9月、弊社はシャボン玉石けん社長森田氏に2回の公開質問状を送りました。同社の石けんに対する姿勢があまりに非科学的かつ恣意的であり、それを放置すれば消費者に大きな誤解を与え、正しい石けん普及が妨げられると判断したからです。しかしシャボン玉石けんは弊社の質問にまともに答えず、一方的に取引を打ち切ったうえ、会報(「シャボン玉友の会だより」以下「友の会だより」)No.54で石鹸百科を「中傷ホームページ」と断じました(2000年5月)。

弊社が行ったのは中傷ではなく、科学的な根拠に基づく質問および批判です。質問や批判には、自らの信念に従って反論を返せばよいのです。それが対話というものです。しかし同社は現在も態度を変えず、更なる非科学的な商品を発売するなど憂慮すべき行為に出ています。

弊社がシャボン玉石けんについて問題と考えるのは主に下記の6点です。

前へ

次へ

▲ ページトップへ

Copyright(C) 1999- , Seikatsu to Kagakusha.Co.,Ltd. all rights reserved.