[掲示板へもどる]
一括表示

タイトル石鹸製作時のグリセリンの作用について
記事No: 1731 [関連記事]
投稿日: 2008/10/05(Sun) 20:57
投稿者ヴォルス

はじめましてヴォルスといいます。
学校で石鹸の作り方について
脂肪(脂肪酸+グリセリン)+水酸化ナトリウムetc→石鹸+グリセリン
と学んだのですが式だけを見ると脂肪でなく脂肪酸に水酸化ナトリウムをそのまま
反応させてもいい気がするのですがどうして脂肪に反応させるのでしょうか?
お手数ですが教えてください。


タイトルRe: 石鹸製作時のグリセリンの作用について
記事No: 1732 [関連記事]
投稿日: 2008/10/07(Tue) 14:11
投稿者

これって、石けん作りに関してですよね。
手作り石けんに関するサイトも沢山あるんで、もしかしたらそちらにいらっしゃる方のほうが詳しいかもしれないですね。

私は石けんを作らないのでよくわかりませんが、ただ、素人なりに単純に考えたんですが、『脂肪酸』より、『油脂』の方が手に入り易いからじゃないですか?


タイトルRe: 石鹸製作時のグリセリンの作用について
記事No: 1733 [関連記事]
投稿日: 2008/10/08(Wed) 13:14
投稿者ヴォルス

あぁそれもそうですねOTZ
謎が解けましたありがとうございました〜。


タイトルRe: 石鹸製作時のグリセリンの作用について
記事No: 1734 [関連記事]
投稿日: 2008/10/08(Wed) 13:27
投稿者ひなた

こんにちは。ひなたと言います。

石鹸を作る方法には幾つかあって、
その中に脂肪酸とグリセリンをあらかじめ分離しておいて
脂肪酸だけに苛性ソーダを反応させる方法もあります。
中和法、と言います。以下に詳しいので、ご一読ください。

石けんの製造方法(1) けん化法と中和法
http://www.live-science.com/honkan/theory/sekken02.html

ただ、一般の人が油脂を脂肪酸とグリセリンに分けるのは
杏さんが仰る通り難しいと思うので、
手作り石鹸などの世界ではあまり流行らないのだと思います。