石けんを究める広場
[記事リスト] [新規順タイトル表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 酸素系漂白剤の過酸化水素
記事No: 1715 [関連記事]
投稿日: 2008/08/02(Sat) 08:22
投稿者

アッサムさん、こんにちは、百科スタッフの亀山です。

> 過酸化水素について。
> 酸素系漂白剤を使って、洗濯機の槽洗浄をしているとき、「空気中に何か揮発しているのか?」について、とても気になっているので、教えてください。
>
> 酸素系漂白剤を使って、洗濯槽の洗浄をしようと思うのですが、百科さんのホームページを見ると、「炭酸塩」と「過酸化水素」に分かれる。とあります。

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)は水の中で「炭酸ナトリウム」と「過酸化水素」へと変化し、この過酸化水素H202が活性酸素になって漂白してくれます。

活性酸素でも、過酸化水素は次亜塩素酸に比べて作用の穏やかですから、色や柄のある衣類でも大丈夫なのです。

> 私は、かなりの敏感肌で、化学物質にとても弱い体質です。
> 例えば、塩素系の漂白剤は、それ自体に触れなくても、それが使われている場所で空気に
> さらされてしまうと、肌の状態が悪化します。

>
> それで、洗濯槽に酸素系漂白剤を入れて、槽洗浄しているとき、過酸化水素は、どのような変化をするのでしょうか?
> もちろん、それが溶けた水には触りませんが、揮発して何かの物質になり、空気中に漂うことはありますか?

塩素系よりは弱いとはいえ、活性酸素ですから、100%安全ではありません。水も蒸発するから空気中に漂うでしょうし、これが肌にどういう影響があるかは人によって様々です。

塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)にしても、浄水やプールの殺菌にも使われているもので、正しく使えば有効な物質であることを付記します。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール 公開   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー