石けんを究める広場
[記事リスト] [新規順タイトル表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 酸素系漂白剤のぬるぬるについて
記事No: 1709 [関連記事]
投稿日: 2008/07/04(Fri) 11:51
投稿者ひなた

ひなたです。

> あと、哺乳瓶消毒などでよく言われる、ミ○トンなどは、つけ置きしたあと
> 洗い流さなくても安全と言われていますが、酸素系漂白剤はそういうことは
> ないですよね?
> 流し残しがあったら、子供に良くないのかなぁと心配なのですが・・・

酸素系漂白剤溶液には油分が含まれていませんし、ネバネバとまとわりつくような性質も持っていないので、
普通の食器洗いと同じ感覚で「流水できれいにすすぐ」を心がければ大丈夫ではないでしょうか。

濃度の高い酸素系漂白剤溶液、あるいは酸素系漂白剤の粉をそのまま飲み込んだりすると危ないですが、
水で何十倍にも薄めた水溶液に浸した食器を水ですすいで、
その上で人体に害を与えるほどの濃度で炭酸塩が食器に残留することは難しいと思います。
赤ちゃんはデリケートですから、残留しないよう気を付けることは大事だと思いますが。

酸素系漂白剤や炭酸塩の水溶液に浸した食器をすすがないで使って害があるかどうかは、済みません、分かりません。
でも実際問題として炭酸塩水溶液に浸っていたコップにそのままお茶を入れて飲んだら不味いと思います。
赤ちゃんにも味覚はあると思うので、その意味で、きれいに洗った方が良いとは思います。

ミルトンはすすがなくても大丈夫と言われるのは、成分の次亜塩素酸ナトリウムが哺乳瓶内に残留しても、
ミルクや果汁を入れればその成分と反応して食塩になるからだそうです。
つまり、赤ちゃんはわずかながら塩の入ったミルクを飲むわけです。
炭酸塩と同じく、食塩入りのミルクはあまり美味しくはないと思いますから(想像だけですけど)
わたしだったらミルトン溶液から出した後にさっとすすぐと思います。

ご参考になれば幸いです。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール 公開   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー