石けんを究める広場
[記事リスト] [新規順タイトル表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]

タイトル苛性ソーダの代わりに灰を使って石鹸を作る方法ga
記事No: 1645 [関連記事]
投稿日: 2007/01/13(Sat) 16:02
投稿者kurochan

はじめまして、こんにちは。

 先日ある小説を読んで、石鹸を手作りすることに興味を持ちました。

 その小説は、現代社会で生活していた主人公が古代世界へと
タイムスリップしてしまうといった内容のファンタジー小説で、
石鹸の出てくるくだりは本編とは直接関係ないのですが、
(その世界にはまだ石鹸というものが普及していなかったことが原因で)
主人公が自分自身の清潔を保つことに非常に苦労する
といったエピソードとして出てきます。

 そのエピソードを読んで、主人公の苦悩に「なるほどな〜」と納得しました。
電化製品を代表とする現代の文明の利器が使えなくなるということよりも
風呂に入れない、体を清潔に保てないといったことの方が打撃だと思い、
石鹸って大事だなと感じました。

 今の世の中お金さえ払えばたいていのものは手に入ります。
しかし、全くお金をかけずに自然界にあるものだけで何かを手作りする
知識というものは、案外将来役に立つと思います。
 
 小説を読んで(何かあった時のためにと!)手作り石鹸に目覚め、
今では愛用させてもらっています。
それで、だいぶ作りなれてきたので今度は「灰(木灰・海藻灰)を使ってできないかな?」
と考えるようになりました。

 もしどなたか灰を使って古代的な石鹸をつくる方法をご存知であれば
ぜひおしえてください。よろしくお願いします。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール 公開   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー