石けんを究める広場
[記事リスト] [新規順タイトル表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [旧過去ログ] [管理用]

タイトルRe^3: エコベール
記事No: 1619 [関連記事]
投稿日: 2006/06/24(Sat) 14:58
投稿者みどりの精

こんにちは

レス ありがとうございました。
ご指摘の通り、原材料が何であれ、結果的に生成された物質が合成の界面活性剤であれば、その毒性や性質は何ら変わりがないのですよね。

それなのに、ヨーロッパでは○○賞とか言うエコ賞をもらっていたり、哺乳瓶の洗浄にも推奨されていたりしているので、本当は安全なのかも、と少し弱気になっていましたが、水質の違いなど、ヨーロッパにはヨーロッパの事情があるということなのですね。

ここのBBSは石鹸の使用を究めようという方が参加する広場ということなので、私などはちょっとふさわしくないかもしれません。

私自身は何が何でも石鹸を使わなきゃ! というこだわりは今ありません。

洗濯はもう20年ぐらい粉石鹸を使用していて、そう問題は感じていません。洗濯機の洗浄(排水パイプの洗浄も兼ねた)が少し面倒なぐらいです。

ですけど、キッチンの日常的な食器洗いに関しては、石鹸では非常に不満があります。油汚れがスッキリしない、スッキリさせるためにはたくさん使用しなければならない、排水用バスケットの下にはせっけんかすがびっしり付く、という点が気に入らない。

もちろんキッチンでも、こめぬか粉石鹸という粉末の石鹸と固形石鹸を20年近く使ってきましたが、最近なぜか急に我慢できなくなって、いろいろ探しては試しています。

環境への負荷が小さいこと、洗浄力が高く、身体に対する害がないこと、この三点を満たしていれば、とくに石鹸にこだわらずに試しています。

それで、エコベールの質問に至ったわけです。

でも、長年の経験から言って、液体タイプではなく洗浄力の高い粉石鹸の方を使えば、洗濯もキッチンもお風呂も、その他のお掃除も、基本的にはすべてOKなんです。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール 公開   非公開
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー