ニセ科学と石けんの諸問題 -「家庭用」軟水器の諸問題-

トップページ >>> 「家庭用」軟水器の諸問題 >>> 軟水器とは

軟水器とは

軟水器とは水中に含まれる硬度成分(カルシウム、マグネシウムなど)を除去する機械です。工業用水の製造から医薬品・食品の精製や超純水の製造に至るまで多くの業務現場で使われています。

水を軟化する方法は幾つかありますが、最も多く採用されているのはイオン交換法です。ナトリウムイオンを含むイオン交換樹脂に水を通して、水中のカルシウムイオンとマグネシウムイオン(硬度成分)をナトリウムイオンに置き換えることで水中から硬度成分を除去するという仕組みです(その代わり水中のナトリウムイオンは増える)。この他の水軟化方式には煮沸法、アルカリ法、イオン封鎖法などがあります。

大量の水を使用する工場などでは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウム等の硬度成分が作業機器に付着すると様々な問題(スケール障害)が起こるため、水中の硬度成分をできるだけ取り除くことが重要です(スケールとは水アカのことで、ヤカンやポットの底にこびり付くガリガリした白い物がそうです)。特にボイラーはスケール障害を放置すると熱効率が低下するうえ、異常加熱による重大事故の危険性もあります。以上のような理由から、軟水器は主に業務用器機として発展してきました。

軟水器業者の言うところの「軟水」とは、上記のように自然の水からカルシウム・マグネシウムを抜いた代わりにナトリウムを補って硬度ゼロ(あるいはそれにごく近い硬度)に調整した水のことです。そのような加工を施された人工の水と、自然に存在する軟水とを同じ名で呼ぶのは筋が違いますし、今後の議論にも混乱を来します。よって当文書ではこれ以降、自然のままに硬度が低い水(硬度0〜120)を「軟水」、そして軟水器によって人工的に硬度を下げられた水を「人工軟水」と呼びます。

前へ

次へ

▲ ページトップへ

Copyright(C) 1999- , Seikatsu to Kagakusha.Co.,Ltd. all rights reserved.