重曹洗濯について

重曹はお洗濯向きのアルカリ剤ではありません。それはなぜかを分かりやすく解説します。

重曹は洗濯向きのアルカリ剤ではありません。洗浄に最も適したpHは9.0~10.5とされますが(注1)、重曹のpHはそれより下の8.2。「pHが低く、洗浄用アルカリ剤としての用途はうすい」というのが専門家の見解です(注2)。重曹を足してその分粉石鹸を減らす、というような方法もあるようですが、これも逆効果。重曹のpHは8.2。洗濯用粉石鹸のpHは10くらい。pH10の石鹸にpH8.2の重曹を混ぜると全体的なpHが下がるので石鹸の洗浄力が下がってしまいます。

重曹については以下のサイトもご参照ください。

ニセ科学と石けんの諸問題「重曹の科学と重曹電解水について別ウィンドウで開きます

通常の洗濯に重曹を使うのはほとんど意味がありませんが、絹やウールなどのタンパク繊維を洗うときに「炭酸塩入りの」石鹸に重曹を加えることは昔から行われてきました。これは、重曹を加えることで粉石鹸に配合された炭酸塩の一部をセスキ炭酸ソーダに変えてpHを落とし、アルカリに弱いタンパク繊維を守るためです。無添加石鹸とセスキ炭酸ソーダを混ぜても同じような効果が得られます。

注1 辻薦著「工業洗浄の技術」(地人書館)より

注2 奥山春彦・皆川基編著「洗剤・洗浄の事典」(朝倉書店)より

2009年11月

石けん百貨取扱い商品

洗濯向きのアルカリ剤

アルカリ洗濯別ウィンドウで開きます

酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)別ウィンドウで開きます

アルカリ剤使いこなし関連書籍

書籍・ブックレット別ウィンドウで開きます

  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動