洋服ブラシの使い方

水洗いできないスーツやコートのお手入れといえば、ドライクリーニングが一般的。ただ...

水洗いできないスーツやコートのお手入れといえば、ドライクリーニングが一般的。ただ、ドライクリーニングの溶剤は油性の汚れを落とすとともに、繊維の風合いも損ねてしまうことがあります。服地のことを考えれば、クリーニングに出す回数はできるだけ抑えたいものです。

そこで取り入れたいのが洋服ブラシでのお手入れ。洋服ブラシは服についた汚れを払うだけでなく、着ているあいだに乱れた繊維の流れを整えて光沢を出し、繊維に空気を通すことで布地をふっくらとさせ、服の型くずれを防ぐ効果があります。織物だけでなく、セーターなどのニット類も軽くブラシをかけると絡まりかけた繊維がほぐされて毛玉防止になります。

洋服ブラシでのブラッシングと、アンモニア水を使った自宅での簡易クリーニングを組み合わせれば、クリーニング店に出すのは数年に一度でも大丈夫。大切な一着をよりいっそう長持ちさせることができます。

洋服ブラシの使い方

  1. 服をきちんとした作りのハンガーにかける
  2. 繊維の流れに逆らうように軽くブラッシングし、ホコリや汚れなどを浮かす
  3. 繊維の流れに沿ってブラシをかけ、生地の表面に浮いてきた汚れを払う

服をブラッシングするときは、洋服ブラシの持ち手を軽く握り、手首のスナップを利かせて生地のホコリをパッと軽く払い飛ばすようにしましょう。ブラシを服に押しつけてザーッとこするように使ってはいけません。余計な摩擦を与えると生地が傷むうえ、ホコリや汚れが生地の奥に入り込んで余計に取れにくくなります。

ブラシの素材はなにがおすすめ?

おすすめは天然毛のブラシ。ナイロンなど合成繊維のブラシと比べて静電気が起こりにくいので布地を傷めにくく、ほこりをきれいに払うことができます。

スーツやジャケット類など、しっかりした生地の衣類には張りのある豚毛が向いています。一方、カシミアやシルクなどのデリケート衣類やニット類、和服などには、当たりの柔らかい馬毛を使うとよいでしょう。

花粉症対策にもブラシを活用!

家の中に花粉を持ち込まないことも、花粉症対策には重要。玄関に洋服ブラシを常備しておき、帰宅したら服にブラシをかけてから部屋に入りましょう。

まずは着たままブラッシング。肩のあたりを重点的に、身頃と袖も払います。そして脱いだ服を手に持って、後ろ身ごろもていねいにブラッシングします。

2012年4月初出

石けん百貨取扱い商品

洋服のお手入れ用ブラシ

國田ブラシ 洋服ブラシ画像

國田ブラシ 洋服ブラシ別ウィンドウで開きます

天然毛を人の手で丹念に植え込んだ洋服ブラシです。天然毛なので静電気が起こりにくく、服地を傷めません。ハードとソフトの2種類をご用意。

10,260円(税込)

白木屋傳兵衛 ブルーム(洋服用小箒)画像

白木屋傳兵衛 ブルーム(洋服用小箒)別ウィンドウで開きます

静電気が発生しづらく、洋服を傷めることなくついた細かいほこりや花粉をおとします。

1,188円〜2,482円(税込)

白木屋傳兵衛 肩払い画像

白木屋傳兵衛 肩払い別ウィンドウで開きます

肩のほこりを払うのに適した箒です。箒草を使っているので、静電気はほとんど発生しません。花粉を払うのにもどうぞ。

1,836円(税込)

國田ブラシ 毛玉取りブラシ画像

國田ブラシ 毛玉取りブラシ別ウィンドウで開きます

プロのクリーニング屋さんで使われている、業務用の毛玉取りブラシです。面白いほど毛玉が取れます。

1,538円(税込)

洋服ブラシ類別ウィンドウで開きます

特集:百貨流・花粉対策サポートグッズ別ウィンドウで開きます

  • ご登録はこちらから!石鹸百科のメルマガ登録
  • プレゼント応募!毎月素敵な商品をプレゼントします。
  • facebook

    twitter

  • twitter

  • 石けん百貨のあれこれ

ページのトップへ移動